« この期に及んで指が… | トップページ | 試合 »

2007年7月15日 (日曜日)

社員へ

先週で今年入社した一人の社員に退職頂きました。

告げられた社員は当然、他の社員もさぞかし驚いたことと思います。

それに関して、経営者側の私が記事を書く事で一方的にならないように、そして感情を入れないで書きたいと思います。

3週間、胃が痛くなるほど悩み、そして本人とも真剣に話しをしました。(もちろん本人はその様な判断をされているとは分からなかったと思います。)

最後に告げるときは勿論人として尊重し、丁寧に理由を話したつもりでいますが、納得できない部分もあったかと思います。もっと上手く伝わる話し方があったかとは思います。申し訳ありません。

非常に仕事もできるし、頑張っていたと思います。

ただし、私との考え方の方向性が違っています。今は特にベクトルを合わせていただけなければいけない時期なのです。

最終目的地は理解していただけていたと思いますが、強い個性やオリジナルの考え方でその目的地に到達しようとするのでは、会社は、特に私の目の行き届かないところでは、私の考えや求心力は破壊され、バラバラになっていくと考えました。

オーバーに飛躍すると思われるかも知れませんが、幹部社員や片腕ができるまでは、私が中心にまとめ、そして指針を理解してもらうしかないのです。

ただし、私に意見され、改善しようと努力してくれていました。しかし長年培った物は早々短年で変わるであろう筈もなく、ご本人にしても今後更に私から言われることで、逆にストレスにも感じてくると思います。

そうであれば、無理して自分を変えずに、自分が活かされる道に進んでもらった方が、両方にとって幸せなのではないかと考えました。

決して悪いのではなく、非常に良い部分をお持ちなので、是非、別の道で頑張ってもらいたいと思います。めぐり合わせが悪かったです。ありがとうございました。

話しは変わり、ところで幹部社員や片腕ってどんな人か?

前にも書きましたが、セミナーや講習会などで回答が出ました。それは「社長の痛みを少しでも理解できる人」です。

私は人を大切にしよう!お客様を大切にしよう!と心の中から思っています。もちろん社会貢献も。

会社の体力からできないこともあります。例えば昔は当社は週休2日ではありませんでした。計画をたて実現しました。恥ずかしながら社会保険も加入していませんでしたが、今は加入しました。

休みは年々増えていないか?人の増強で朝から深夜までの仕事は減っていないか?社員の5年後は?10年後は?経営指針書に書いてあります。少なくても今まではその通りに実現している筈です。

お客さまに関してはどうか?ご迷惑をかけたお客様もいます。ただ当社は最後の最後まで面倒を見させていただく姿勢がある筈です。

メンテナンスや対応の連絡ミスや口先だけの軽い応対は、とことん叱ります。当然です。そんなことをやっていては、会社の姿勢や存続の意味が成り立たなくなる。

営業をするのは当然です。当社を広く知らしめる必要があるからです。

更新は案内か?全く違います。当然営業をします!いらないと言ったお客さまに一年間当社がやらさせていただいた事を理解していただくのです。

施工スタッフがいい加減なことをしていれば別。営業しなくていいです。お客さまの為に必ず止める施工を一生懸命して、サービスマンが色々なご要望にこたえています。

継続して衛生的な環境を常に維持していただくのが当社の使命でしょ!いらないと言ったお客さまに誠心誠意ご更新下さいと営業するのが、お客さまのため、社員が報われるためなんです。

それは科学性なんかではありません!何でも営業、何でもお金と言う姿勢は私にはありませんよ。

皆で楽しく良い会社を作りましょう!

社員へ。

|

« この期に及んで指が… | トップページ | 試合 »

コメント

決断したんですね、さぞ迷い悩んだのでしょうね、
社員のみんなと本当にいい会社になって下さい。
今日ブログをみて驚きました。指大丈夫ですか?
たしか、16日は試合があると聞いていたので、
その結果でもブログに載せたかなと思い、
のぞいてみてビックリしました。
試合どころでは、なかったのではないですか?
私の近況は、あまり変わりません。骨のつきが遅いらしく
まだ歩行はできません。やっと体重の半分をかける
リハビリが始まった所です。
話しは変わり、入院中の話ですが、よかったら読んでください。
入院してすぐ、落ち込んでベットに横になっていると隣のベットのおじいさんから声をかけて頂き、とても気が楽になったことを今でも感謝しています。みんな自分の事で、精一杯のはずなのに、
見ず知らずのこんな若僧(他人からみたらオヤジ)に
声をかけて頂き、かなり励まされました。いろいろと話しを
するうちに分かった事ですが、そのおじいさんは、浦和ではかなりの名士な方で、会社を経営されている方でした。
その時、そこの会社の社員の方がとても羨ましく思いました。
誰隔てなく、おもいやりをもってこれからの人生そう生きたいと思いました。できるかわかりませんが、努力してみようと思っています。
早く直して一杯やりたいものです。そのときは愚痴聞いて下さい。

投稿: ジロー | 2007年7月18日 (水曜日) 12時03分

読みました。

この社長さんの会社は間違いなくいい会社だね!
自分も入院しているときに、他人を思いやれる心を
持てる人はそうそういないよね、感心したよ。

とことでjiroの足はまだその様な状態だったの?

そろそろ飲みの誘いをしようと思っていたからビックリ!
関心を持ってあげられなくてすまない。

快気祝い必ず企画します。だから早くよくなって下さい。

試合の方は最高の結果で終わりました!
4回戦い(その内1回は延長も)かなりスタミナを消耗し
途中で気持ちが折れそうになりましたが、最後まで
戦いました。

出てよかった!少しだけ心が強くなった気がします。

投稿: 深澤 | 2007年7月18日 (水曜日) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この期に及んで指が… | トップページ | 試合 »