« 最近誤解されることに対して | トップページ | 平砂浦へ »

2008年3月27日 (木曜日)

修行が足らん!

私の今年の経営指針書に載せていない陰の個人目標は、社員を怒らない。(言ってしまいました。)

叱るは別です。

2ヵ月で2回怒りました。ぜんぜんダメです。しかもその1回が今日。

予想した回答が返ってきてしまったので、それに反応して軽く切れてしまいました。別の言い方があったなぁ~ 反省です。

気持ちを入れ替えて、今頑張っている社員です。責任者でもあります。あんな言い方したらやる気なくすよなぁ~。すまない!

別の言い方をしていたとするなら…

「チェックを怠った私にも責任がある。一人を責める責任論を言っているのではない。ただお客様に迷惑を掛けている事実に直面している。

まずやり方を反省し、今後二度と迷惑を掛けないように真摯に話しを聞く姿勢が大切だ。仮に教えを受けていないとしても、だから間違えてもしょうがない(とは言っていないが)では、また似たような間違いを犯す。

知っている知っていないに関わらず、今回の事は商道徳では常識なことなんだよ。教えを受けていないとの理由で反論すること自体が恥ずかしいことなんだよ。

責任者として最近は特に期待しているだけに、また変化を頼もしく見ていただけに、FCCだけで通用するんじゃなくて、社会に通用する管理職になってもらいたいと願っている。

周りの人間は一人ひとりの人間を分析している。部下ならなおさらだ。頼りがいって言うのは、任せて安心、この人がいれば安心、この人なら解決してくれるだろう。

沢山の人の期待に応える許容範囲も含まれる。これはダメ、これはできない、これは知らない。器から水をドンドンこぼしたら特に後輩や部下は失望するよ。」

こう言えてたらかっこいいんだけど…

私は口がへただ。文章の方が言いやすい。

|

« 最近誤解されることに対して | トップページ | 平砂浦へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近誤解されることに対して | トップページ | 平砂浦へ »