« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木曜日)

グリーン電力

日本の国家予算は80兆円です。その内日本が一年間に石油を買うためにいくら使っているかご存知ですか?

24兆円です!!

太陽光発電のリーディング国家は日本です。にもかかわらず、自然エネルギーは日本のエネルギー供給の僅か6%だそうです。

ドイツやデンマークのソーラーや風力での電力需要は20%です。技術では日本が上ですが、普及率では遠く及びません。

本気で日本が太陽光発電に投資していけば、日本全体のエネルギーは太陽光だけで賄えるらしいです。

最近は自社の環境行動をあまり大げさにブログに載せるのは止めています。いい事してんだぞぉ~的なのはどうなんだろう?みたいな気持ちからです。

でも今回は伝えます。これには一長一短ありますし、意見も分かれるところですが、企業経営者は賛否も含めて考えましょう。

当社ではグリーン電力の導入を決めました。自然から生まれるエネルギーを使おうと言うものです。

グリーン電力証書は発電施設を持たなくても自然エネルギーを使うことが出来る仕組みです。

電力料金に環境付加価値分を単純に上乗せして支払うだけです。この環境付加価値分は実際には今現在自然エネルギーを使用することではありません。

自然エネルギーの発電施設に助成金として渡るのです。太陽や風に枯渇はありません。そして地球を痛めません。

そろそろ真剣に投資しなければいけません。一社一社が一人一人が小さな行動をする以外にないのです。

東京の全部のビルにソーラーパネルを付けたら相当地球に貢献できます。でも誰もやらない。だから私達はやります。大企業からすれば鼻くそみたいな行動ですが…

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水曜日)

問題児

例の知事。

とにかく問題発言が多いです。ただし、あんな過激ではありませんが、私も思想的には似た様な考え方もあります。

なにに言ってんだ!と思うときもありますが、共感できる部分もあります。具体的に言うと問題もあるので…

なにか既成概念やら歪んだ組織やら体制やらにパフォーマンスを含めて、風穴を開けようとしている気がする。

きっとあんまり私心はないような気がする。社会を良くしたい一心かなぁ。

ただ彼はパフォーマンスと同時に自分の言葉に酔って興奮しすぎ。

しかも弁護士なんかやってたから、ボキャが豊富過ぎて表現力も豊か過ぎて思い以上を口走るタイプ。きっと。

でも悪い人ではない。きっと。

でも何で知事に立候補したのかが、今一いまでも分からない??が…

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日曜日)

決勝トーナメント出場

200810251139000 昨日はドラゴンボートレース。teamFCC 初出場にして決勝トーナメントまで進出しました。

予選は2連勝でした。チームワークの力です。おめでとう。

チームの優秀選手は3回連続で漕いだ女性陣です。お疲れ様!それと強豪チームに匹敵する程の舵捌きを見せたカジ。

そして忘れてはならないのは、ビデオを撮ってくれたり、応援してくれたり、気配りをしてくれた出場していない新しいスタッフの方。ありがとう!

みんなお礼言ったのだろうか?

200810251145000 今回のレースで会社としては非常にまとまることが出来ました。出て良かったには良かった。

しかし…

私は会場で朝から社員を次々に叱り飛ばします。前日リーダーが時間厳守を大声で叫んでいました。(私はこの時間だとはその時まで聞いていませんでしたが…)

にもかかわらず、若手3人遅刻。聞いていなかった私ですら朝一で別の社員とサーフィンをやっていたのですが、7時にはきっちりあがり時間に間に合わせます。

にもかかわらずそのリーダーまでもが遅刻!考えられません。彼は子供連れだったので、子供の前で叱れません。でもあり得ない。

マナーがなっていないことも沢山ある。叱ったこと以外にも色々感じたことがある。でも楽しいレクリエーションが台無しになりそうで、それ以上言えませんでした。

纏まり以前に大切なことがある。。だって、暴走族だって、愚連隊だって纏まってんだろぉ!

大の社会人がそんな纏まりなら必要ないし!

このレースの後、横浜で経営者仲間との真面目な勉強会と集まりがありました。2次会で愛情についての話しが出ました。

子供に対する愛情は、たとえ楽しい場面でも、仮に人前でも躾の上で親は叱ります。社員に対する愛情も子供と同じならその場で叱るべきだ、と。

社員教育では後出しジャンケンはしてはいけない、とも。その場で言われなければ理解できない、と。

その通りだな… かな? 分からない、本音は。TPOもあるし。でも貴重な意見だ。

帰宅して少し女房と話しをします。どうも彼女も打ち上げで後出しジャンケンをしたみたいです。

でもここを理解させなければ、ナンも意味がない。私も後出しジャンケンを今回はするつもりでいます。

| | コメント (2)

2008年10月21日 (火曜日)

イメージ

先週、新入社員の半年後フォローアップ研修会があり、スタッフとして参加しました。秋谷でシーカヤックスクールを経営している経営者仲間が講演をしました。

初めお聞きする経歴に共感を感じると同時に、内容もとても良いお話しでした。人柄も理解できました。

話は変わり、先日以前私が勤めていた会社の仲間や元上司や先輩や後輩10数人と飲みました。同窓会の様でした。

で、ある先輩から「お前今なにやってんだよ」って言われます。と同時に別の上司が「水道屋だよな」って。違いますって言うと、「水道屋だろ」って。

水道屋も立派な職業なので、「ハイ!そうです」って面倒なんで答えました。

そしたら別の先輩が「駆除やってんだろ」って。当然「はい、そうです」って答えます。

そしたらその先輩「シロアリだろ」って。「違います」って言います。「シロアリって聞いたぞ」ってあまりしつこいので「はい、そうです」って答えました。

そしたら「お前、どっかからシロアリ捕まえてきて、営業先の民家の軒下にそれバラ撒いて、ホラいますよってやってんだろ!」だって。

さすがに「それは違います。」 って否定します。これ別の所でも言われます。でもやってませんから!!

そしたら別の仲間が「電話使った商売してんだろ」って。まぁ~たまに電話は使うんで否定しないでいたら「今やばいぞ!気をつけろよ。」って真面目な顔で。

「オレオレはやばいゾ」 だって。

どんなイメージなんだって!

で、罰の悪いことに他の奴がここで話題を変えやがった。今度会うときまで私の職業イメージはこのままなんだ。なんてこった!

この会社を辞めてから一生懸命働いてきた。話したい。否定したい。でもみんな紆余曲折があり、一生懸命生きてきたに違いない。

だから前述のような講演依頼でもなければ、社員以外に話すことはないだろうなぁ~とか思いました。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月曜日)

船上結婚式

200810191330000 昨日はBooの結婚式でした。

のっけからビックリ!なんとロールスロイスで登場です。

式はロイヤルウイング。お船での結婚式でした。しかもお取引先。良い結婚式でした。

写メでなく新しいデジカメでも沢山写真を撮ったのですが、画像サイズが合わずアップできませんでした。

写真は本人に渡すことにします。おめでとう!お幸せに!

200810192044000 これは2次会。ワルノリSEIJI。ホントにアップしました。

| | コメント (3)

2008年10月19日 (日曜日)

久々の社員ネタ。

彼はおもしろい!このブログ読んだら怒るかなぁ?まぁいいかぁ~書こう。

その名はTナシくん。海上自衛隊→アパレルを経てFCCへ。

彼は凄くせっかちで超オッチョコチョイです。電話を掛ける時、本来は「株式会社FCCのTナシでございます」と言わなければならないところを

‘カブキシガイシャ エフシーのTナシです。’

って言います。大概カブキシガイシャになります。社名ももう一個‘C’を足すだけでいいのにそれを言ってくれません。

全く違う会社になっています。でもその後は普通に会話が成り立っているところが凄い(笑)

あと当社にはmizushima主任と言う社員がいるのですが、時々彼が喋るとMIZUMASHI主任になっています。どんだけ水増ししてるんだって。

そんで彼の特徴は声が大きいところ。まぁ~とにかくデカイ! 神社巡りが趣味の彼の前世はきっと神主だ。腹式呼吸、腹から声が出る。

でも残念なことに現世ではあまり役に立っていない。受け手の耳が痛いだけだ。Tナシくんから連絡が入るとスタッフは普通受話器を耳から10センチは離す。

また入社当時はさすが元アパレル、スーツも似合っていました。超せっかちな彼は、タバコの吸い方も同じで、消した後にすぐ別のタバコの火をつけるチェーンスモーカー。

きっと1日60本は吸っていた!

彼のいいところは素直な心。「体に良くないよ」って言うとホントにタバコを止めます。で、案の定暫くするとブクブク肥りました。

1年間は止めていました。でもまた吸い始めました。

私は考えます。その1年間はナンだったんだろう?って。

彼が得たものは…? 腹廻りに分厚く付いたラードの塊。 冬の寒いときには少し役に立つには立つ。

失ったのもは…? 着れなくなったブランド物のスーツの数々。若々しい体系。

胃腸が悪くタバコを止めたのに、再び吸い始めてまた胃が痛いと言っています。考えれば当然です。

こんな彼ですが、彼が入社し社風がすこし変わりました。ドジですが、明るいし一生懸命なので、とてもいい雰囲気です。

あと、怒られ侍です。いつも私に怒られています。なんか怒りたくなります。だから他人はホッとする。そう言う役目でもある。ワハハ

| | コメント (2)

2008年10月18日 (土曜日)

非鈍感力

先日の会合で事業継承についての話がありました。

「俺には関係ないや!」って今までは思っていました。まだまだ私には仕事に関しても夢が沢山あり、まして現在は45歳、気力体力バリバリです。

でも考えてみると独立開業してからすでに13年が経過しています。あっと言う間でした!それを考えると60歳なんてすぐだなぁ~なんて思います。

人を育てなければ。それより先に、この会社を継ぎたいと思われる会社を作らなければ。

あまりいろいろな事に気にならない私ですが、こう言うことを考えると小さな事にまで敏感になります。

現在の自己資本比率はこれでいいんか?この支払いサイトで無借金経営なんてできるのか?人材育成はこれであってんのか?…

昨日も午前様でした。いろいろ失敗がある。人の心に嫌な気持ちを与えなかったかなぁ~、とか。

ものすごい非鈍感力だ!

でもこういうのはいいのかなぁ?とか。

さっきサーフィンをしてきました。その後は、海沿いを走ってきました。海はいいなぁ~スッキリ!

ノンストレス。。

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月曜日)

週末日記と「結婚」に思う

最近は仕事もプライベートも忙しいです。私の手帳は平日も土日も予定でビッシリです。

先週末も色々ありました。渋谷、ドラゴンボート、藤沢、結婚式。

200810111352000 この画像はteamFCCです。そうなんです。今年は出場が決定しました。土曜日は練習会でした。昨年は私が希望して「申し込めば」と半強制。でも外れ。

今年は社員が勝手に申し込みました。当たり。でもこれ本当にいいんです。一つになれるんです。

社員皆が参加することを希望します。仮に人によっては望まなかったとしても、仲間が募集した案件です。協調性や相手を思いやる勉強ですよ。

昨日は結婚式。良い結婚式でした。お幸せに!

で、結婚式に参加して思ったのですが、つくづく結婚式って自分の為にやるんじゃないんだなぁ~って思いました。

色々な事情があって挙げたくても挙げれない方もいます。そうではなくて、自分達の生活だけを優先させるのであれば、ちょっと違う気がします。

なんの為に挙げるのか?

それは親の為だなぁ。今まで育ててくれてありがとう、と。式のクライマックスです。もしかしたら主役は親なんだ。

これから寂しい思いをする親が、それで救われます。親離れ、子離れの儀式でもあります。親も子供の晴姿を見たいし、人にも見てもらいたいんです。こんなに立派に育てたと。

それと、お披露目です。新婦は新郎を、新郎は新婦を。当然ですが。自分の親戚や知人や恩人や仲間によろしくお願いします、と。

人は一人で生きていけない。夫婦だって二人だけでは生きていけない。色々な人に助けられたり、学ばせてもらったり… 

だからうち奥さんです。うちの旦那です。今後ともよろしくお願いします。ってやるんです。

お金や形式ではなく、こんなことを分かる事が大切な気がしますよ。

当社もオメデタイ話しが続いています。喜ばしいことですので、ドンドン続いて結構です。でも正直、突然だと会社としては大変です。

年初に「今年は結婚の予定があります」とか、「今年はそろそろ家を考えています」とか、予め「子供が出来ました」とかの話しがあれば大丈夫です。こちらも計画できますから。

ハイ、結婚しました。ハイ、籍入れます。って

権利ってあります。例えば会社の規程だとか。家族手当もそう。慶弔規程もそう。でもうちレベルの会社は社員に突然毎月15,000円の家族手当を付けるのがどんなに大変か。

何事も‘自分’以外を考えると分かると思うんだ。すまんね。該当社員は耳が痛いと思うよね。でもブログに書くにはそれなりに私の思想のベースなところもあるんで。

それは先月の終わり頃に私が書いた日記と同じようなことです。

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金曜日)

ジャガー横田さん

昨日も帰りが遅くなってしまい、深夜番組を見ました。とんでもない素人を芸能人が説教する番組。

そこにジャガー横田さんが出ていました。この方、普段の旦那への暴言暴力のイメージとは全く違う人です。

感心しました。優しいし、諭す言葉に感動しました。真剣に説得している姿に美しささえ感じました。

40過ぎてからも色々気づきがあるし、日々勉強だ、と。いつ気が付くか、と。その通りだと思います。

私の世代、大方ハチャメチャな時期があり、ご多分に漏れず私にもありました。でもいつかは、真面目な考え方を持たなければいけないと思います。

‘真面目’は今の私には最大の賛辞です。

当社に入社した社員には必ず読んでもらう本があります。「鏡の法則」(野口嘉則)と言う本です。

そう言えば、この本の表紙にジャガー横田さんの推薦文があったことを思い出しました。

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木曜日)

読書の秋

泣けるココロの本を最近好んで読んでいます。

と言っても、わたし涙腺が強靭です。理由は涙を見せるのはみっともない的な教育を受けてしまった為です。もの心ついてから人前で涙を見せていません。

だからこの秋も心で泣いています。

Image 泣けるココロの本の最強はこれです。

あとがきで知りましたが、この本は24時間テレビでドラマ化もされているそうです。

命の重みを分からない全ての人に読ませたいです。普通の人の苦労なんて、話題の若者(バカ者)の言葉を借りれば‘屁のツッパリにもなりません!’

いろんな意味でこの子はこのお母さんを選んで産まれて来た様な気がしました。不思議な感覚を覚えました。

後半は特に心の中で泣くと言うより号泣です。それよりも胸が詰まって読みたくても読めませんでした。なかなか進みませんでした!

この本、ご存知ない方はぜひ。

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月曜日)

最近感動した人物。

摩娑斗。

先日のミドル級決勝戦すごかったなぁ。準決勝の佐藤戦も一度はダウンしてから盛り返す。決勝戦のキシェンコ戦もダウン後に起死回生。

もうあそこまで行くと技術レベルでは語れないです。精神力だけです。昨日も録画を見直しました。さすがです。

試合前のビックマウスを現実にしてしまうところも凄い。昨年も実力ではNO1でした。今年は悲願達成です。

でも私としてはもういいだろぉ~、と言う感じ。引退してもいいんじゃないかな?このまま。

たしか30前後だったよなぁ?摩娑斗は決して引かないファイトスタイルだし、性格上もアウトファイトは無理。

あれだけグローブで殴りあったら、間違いなくドランカーの道が待っている様な気がします。もう最大限の感動を与えたし、私たちも勇気を貰いました。プロの格闘家としての役目は果たした気がします。

例えばプロだったり、またプロのないスポーツのセミプロでも、それだけやっている選手の社会的役割って、ごく普通の一般人に勇気や感動を与えることでしょ。

そうでなければ、趣味やマスターペーションです。それは自分のための自分だけの事ですから。

私としては摩娑斗はもう充分です。プロ魂を沢山頂きました。ありがとう!

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金曜日)

今の会社の人達

私自身は成長しているのか、していないのか自分では分かりません。ただし、努力はしているので、ほんの少しずつはしているのではないか?とは思う。

ただし成長していようがいまいが、根っ子の部分はあまり変わらないです。4~5年前の会社は自分で言うのもあれですが、かなり酷かったです。

どこが変わったのかなぁ~?

社員が変わったのかもしれない。あと、私の考え方をこれでもかぁこれでもかぁって伝えているからかなぁ。

4~5年前当時正社員は5人ぐらいです。私の前では良いこと言います。でもあまり好かれていないなぁ~って分かります。いなくなれば悪口三昧であることぐらい、馬鹿じゃないんで分かります。

これじゃダメだ、と思いました!

だから私の考え方を徹底的に伝えて、その考え方を正しいと思ってくれる社員と共に歩めればいい、と私も考えを変えました。

合わない人は合う教えの尊敬できる社長がいる会社に行って勉強してもらえばいいんだ、と。

すると思いが通じたのか、分かってくれる社員も出来てきました。嬉しいです。「社長の考え分かりますよ。ついて行きますよ!」これって本来は当たり前の事です。

多少は私の愚痴もあるでしょう。でもそんな社員の根本の心は分かりますって!昔の様に社長の考えに陰で真っ向否定する心がおかしいのです。

それで会社が良くなるわけないです。確かに私のやり方も間違ってはいましたよ。

今、社長と共に成長したいって言う社員のどこにも間違いはない!

だから当社には現在、媚びたり、ゴマを摺ったりする社員は一人もいません。ちゃんとした良い傾向になっているだけなのです。

今回大々的な募集をかけけました。営業企画で約50名、施工で13名の応募がありました。私に人を選ぶ権利はありません。皆さんすばらしい方でした。

ただ、面接をさせて頂いた方の基準は、当社の理念を気に入ったとか、社長の考え方は理解できるとかのコメントを下さった方とだけお会いしました。

それは最初からベクトルの合う方と仕事をさせて頂くためです。更には今後少しでも退職者を出さない手段でもあります。

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木曜日)

るる

やはり愛犬の名前です。Reefと違いこちらの姉ちゃんは気が強いです。私が言うのもナンですがテリアの中のテリアです。

10年ほど前、まだReefがいなかった頃、ハイキングに行きました。その途中に崖があり、そこでモトクロスバイクやマウンテンバイクの若い連中が練習をしています。

彼らの休憩中を見計らって‘るる’を下で‘待て’させ待たせ、私は横の道からテッペンヘ。「よし!いいよ!!」と声を掛けます。

すると‘るる’は水を得た魚の如く、ダッダッダッダッ…とその45度はあろう崖を凄い勢い駆け上がってきます。

下で見ていた兄ちゃん達はそれはもう拍手喝采です!私からすると当たり前です。(自慢)愛玩犬じゃねぇーちゅーうの。

200809302245000 それから10年。今はその片鱗もありません。婆さん寝てばっかです。でもそれも受け入れなければ。そんな‘るる’も大好きです。

愛はお互いに与え合うものらしいです。だから犬と人間の本当の愛は存在しないと言う意見もあります。

でも‘るる’と私に限ってはまったく当たっていません。与えるだけでなく、今まで充分‘るる’から愛をもらっています。もちろんこれからも。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »