« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土曜日)

本日で11期終了

昨日、弊社では経営指針発表会を開催しました。

社員が作成した経営指針を社員が発表しました。社員皆からの決意表明も聞きました。

頼もしく、彼らはやってくれると確信もしました。ベクトルも合ってきました。当社の社員は自慢の社員です。みんないい奴ばかりです。

社風も変わってきました。懇親会での彼らの行動や気配りも、社会人として恥じないものが身に付きつつあります。

今日で11期は終了です。厳しい事を伝えてきた1月は終わり、明日から12期を迎えます。

社員に期待し、信頼して任せます。

と、言ううことで私は遊んで過ごします(笑) うそです。

| | コメント (2)

2009年1月29日 (木曜日)

経営理念

明日、弊社の来期12期の経営指針発表会を開催します。今年はご来賓をお招きしての開催です。明日決意表明をします。

今月、私は社員と厳しく向い合ってきました。表現は悪いのですが、後の喧嘩を先にしました。

朝礼でも言いました。何回も言いました。社員はみんな私のブログをチェックしているみたいです。ここでも言います。

弊社の経営理念

「私たちは、快適な地球の環境衛生を創造し、社会に貢献します」

「私たちは、道徳を重んじ、心豊かで充実した幸福な人生を築きます」

信条

‘人として正しく’

‘正攻法を貫く’

言ってみれば、社員に理念の押し付けをしています。でもこれが当社です。実践するのです。

もしも理念が嫌いならば、もしも合わなければ、もしも共感できなければ、別の道が当人にとっては幸せです。それは悪いことではないです。

考え方は千差万別。

でも、もしも共感してくれるならば、一心不乱にずっーと一緒にがんばろうよ!幸せになろうよ!ってことです。

ならば、気持ちが一つのいい会社になるに決まってます。

キツイことを1ヶ月言ってきました。厳しくなるであろう2月からの来年度、あとは社員を信じてやっていきます。

私ができる事なんて何もありません。社員次第です。大丈夫!だから4649!(ちょっと古い)

| | コメント (2)

2009年1月27日 (火曜日)

大人

産経新聞の曽野綾子さんのコラムはいつもチェックしています。

昨日のコラムはオバマ大統領の就任演説に関わる話しで、オバマは聖書の言葉を引用しています。

「‘幼子らしいこと’をやめる時が来た」 と。

聖パウロの「コリントの信者への手紙」に書かれている言葉らしいです。

「兄弟たち、物の判断については子供となってはいけません。悪事については幼子となり、物の判断については大人になってください」

日本ではいつまでも子供のように無垢であることが望ましいようなことが、しきりに言われている、と。曽野さん。

政治家にもその幼稚性がまかり通っていると言うのだ。

何かの本で読みました。中国では‘大人’を‘ダイジン’と言う。少年の心を持つとは、幾つになっても夢やチャレンジ精神を持つことで、考え方や立ち居振る舞いはダイジンでなければならない。

私の人生目標も年を重ねる毎に‘真面目’になり‘大人’になることです。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月曜日)

新しい奥様方

最近の土曜日を利用して、昨年入籍した2人の社員夫婦と別々に会食しました。一組はお寿司。もう一組はイタリアン。

感想。「2人ともいい嫁さん見つけたなぁ~!」

安心です。きっと仕事の話しもビシバシしていることでしょう(笑) 私の前では共にしてないようなこと言ってたけど…

だって夫婦だもん(笑)

きっと適切なアドバイスが返って来るでしょう。なんだかこの奥さん達ブレがない。2人とも。

私の心の奥の感想。「2人の奥さんうちの会社で欲しいなぁ~!!」

2人の社員を叱った時に言おう。

チェンジ!’って

したらその社員スゴイ怒んだろーなぁ。

絶対言おう(大笑)

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日曜日)

年度末

今、当社は決算月。いろいろ忙しくてブログもあまりアップできずに申し訳ありません。

着地予想は春から夏の好調期のプールがあるので、まぁ~そこそこ優良企業並みの計上です。

しかし…

ここ数ヶ月は本当に厳しいです。

この土日は社長にしか出来ない仕事をしています。そうです、来期や中長期の利益計画を作成しています。

考えすぎて頭がおかしくなりそうです。

でも夢を感じたり、元気が出たりします。なんか、普通にやれそうな気がする。。

| | コメント (4)

2009年1月21日 (水曜日)

営業抜擢

一人の若手社員を来期から営業に抜擢しました。目に狂いがなければ、きっと向いています。でももしかしたら向いていないかもしれない。

そしたらその時はまた最適な業務を探すので、そのくらいの楽な気持ちでやってほしいです。

失敗は歓迎です。心で誠実に営業すればいいのです。当然ノルマも厳しい目標も与えません。

結婚したばかりの彼が奥様から新しいスーツを買ってもらったと聞きました。私からは2年前に購入したのですが、サイズが少し合わないコートがあったので、それを差し上げました。

今日はそれらを着て張り切って出社して来るでしょう!

と言うのも今日は私と同行で実践勉強です。楽しくがんばってほしいです。

| | コメント (2)

2009年1月18日 (日曜日)

先週

毎年冬場は悪いのですが、そう言う状況ではなさそうです。社員にしっかり給料を払いたい、誰も欠けることなく会社を存続したい、他の多くの経営者の様に私も考えます。

先日は、昨年まで派遣社員で今年からパート契約して下さる予定だった方の契約を解除してしまいました。彼女にはとても感謝していますし、申し訳ないことをしたと思っています。

気持ちは直接言葉とメールでお伝えしたのでここでは伝えません。でもありがとう!

当社の社員は頑張っています。社員の苦しみも当然あります。でも今のご時勢の社長は強くひたすら戦はなければならないです。きっと社長本人以外は誰も分からないんで…

先週、水曜日は当社とも取引のある印刷業の昔からの友達が訪ねてきました。展示会でお世話になったデザイナー含め20人がリストラとの事。とても残念だ!

他にも話しが出来ました。この日、彼と話せて良かった!

木曜日、信頼すべき会計士2名と来年度の計画を立てました。社員には常々言ってます。仕事は‘段取りで決まる’、と。

悲観になっている自分が忘れていました。やれそうな気がする。ありがとう!その後トコトン飲んでしまいました。楽しかった!

200901162231000 金曜日は経営者仲間と。

きっとこれから先も切磋琢磨して付き合っていく大切な仲間です。アドバイスをありがとう!

この画像は暴走(迷走?)中の兄貴(笑) 楽しかったです。

200901171653000 土曜日は買ったばかりのカーボン素材のサーフボード「AVISO」で朝夕2ラウンドサーフィン。

やっとパドル力の回復。良い波を久々ゲット出来ました。

そして今日、白州次郎・正子ご夫妻の展示会に女房と。先週は夫婦での会話がなかったので、その後食事をしながら色々話しが出来ました。

私は幸せだと思う!皆に感謝します。

今週も強く厳しく行きます。甘いことは言ってられないです。理解されなくても。社員のために。

| | コメント (6)

2009年1月13日 (火曜日)

森進一

誤解していました。したたかなんだろぉ~とか。

テレビで特集をやっていました。「おふくろさん」で問題になったあのセリフは別に紅白で初めて言ったんじゃないんですってね。

それ以前から使ってたセリフで、別の思惑が絡みあってたんじゃないか、ってことみたいですよ。

寝耳に水だったことでしょう!本人は弁明もしないから、悪い奴だと…

だから人は決して一方向からだけで判断してはいけないと…

私、本当は心がけていたことだったんです。お蔭で今回は再確認できました。

会社でも一人の意見だけを聞けません。偏った見方になってしまうので、双方向や広く確認して、現実の結果で判断します。

結果って別に数字ではありません。例えば「頑張ります」って言います。言葉は何でも言えます。そこの結果は本当に頑張っているかどうかってことです。

偏重の似たような話しですが、当社では信条に「正攻法を貫く」ってあります。人間関係構築の正攻法でない最たるやり方って、人の心の隙間に入ることです。

例えば、凹んでいる奴がいたとして、本当はそいつにとってそんなに大事でもない奴なのに、自分のブレーンや味方を作ろうと思えば、その時がチャンス。その心の隙間に入ればいいので。

また、喧嘩している両者がいたとして、そこに仲間を作りたい第3者がいたとしたら、その時がチャンス。劣勢の方の片方の心に同じればいいので。

悪いことではないです。でもなんか汚いよな。だから私はしないです。

そんな時じゃなくて、気持ちが平穏な時や両者が均衡の時にアプローチするんだったら正攻法です。

でも、こんな硬いことばっか言ってると会社でも、プライベートでも孤立しそう(笑)

まぁ~いいかぁ~?!本当にまぁ~いい。

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月曜日)

戦争

日本は不景気ですが、平和でこんなに穏やかです。でも中東では戦争がおきています。歴史的背景はもちろん内政的思惑も影響しているようです。

でも一番問題なのは人の心。

以前も書いたと思いますが、世の中で一番醜い事は‘仕返し’だと思います。歴史が証明しているのです。戦争は報復の繰り返しです。

大きい小さいは問題ではないのです。だって別に一国を動かす政治家が偉いわけではないのです。もしかしたら誰だってその可能性はあったのです。

総理大臣の娘と言うだけで、右も左も分からない政治の世界に踊らされている現実だってあります。

だから日常社会生活の小さなことでも‘仕返し’はしてはいけないのです。別のことでやり返したり、別のことで反発したりするのは、人間性が相当低いのです。

戦争反対って言っても、現実に仕返し気質があれば、戦争をしているどっかの国のトップと一緒って訳です。

会社でも仕返し気質がある人間が上に立つと、この大切なことを教えられません。だから立たせないのです。私は仕返しは今は絶対しません。覚えましょう。

リベンジする力より我慢する力の方が尊いです。でも私には広い意味での我慢力はないです。すぐにアクション。すぐ沸騰。

勉強中。

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日曜日)

再開!

200901101508000 クラブボクシングと波乗りを再開しました。

クラブボクシングは実際には殴り合いません。シャドウとサンドバック打ちだけです。夜行きました。

波乗りもやりました。土曜日の朝。そしたら柔術の先生とバッタリ。「あけましておめでとうございます。」って(笑)

空いてて楽しめました。ひと時波も良かったし、晴れてて気持ちよかったなぁ~!

手術後、仕事の次に大切なことを少しずつ再開させています。

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土曜日)

鬼と化す

昨日は当社の11期最後の社内研修会でした。普段は私は参加せずに、講師を中心に社員が勝手に言い合って学びを得ています。

来期の個人目標発表である最終回に私は参加しました。来期は厳しい景気の中で我々は戦っていかなければなりません。

ここは管理職を未だ育てられていない私の責任です。時代に負けない強さを伝えなければならない。「鬼と化す」

でもチョッとやりすぎた(汗)

本当は頑張っている社員ばかりです。フォローが必要な社員にはフォローをかけます。

本来は優しく笑って楽観しているのが良いに決まっている。色んな本にも書いてあります。

でもそれはね、一人ひとりの意識がしっかりしての事。

「駆除効果が悪い」とか、いままで言われた事ないことを言われて他社に負けるの悔しいんだよね!

‘真剣さ’の意識改革です。趣味だと必死なら趣味だけやってろよって。私は仕事で負けるのが一番悔しいです。真剣なら叱れるし、本気で怒れるんだ。

当社で勝たなければいけないことは、売上じゃないよ。駆除効果とサービスとCS。

真剣さをリーダーが伝えられないうちは私が鬼でも何でもなります。

| | コメント (3)

2009年1月 8日 (木曜日)

お詫びと訂正

タクシー運転手への暴力が相次いでいます。また、東大阪市では痛ましい事件がありました。

12月28日の私の日記に、根拠のない考えと軽はずみな意見を述べまして、誠に申し訳ございませんでした。

被害に遇われた方には心からお悔やみ申し上げると同時に、先日の記事での私の考え方を全面的に訂正させて頂きます。

申し訳ございません。

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日曜日)

お笑い

笑うようにしています。でも会社では笑えない時もあります。どんなに努力しても。まだ致し方ないです。

でもお正月はお笑いでした。しかもずっーとお笑い。

私のお気に入りは断然「響」です。腹抱えて笑えます。ホンとおもしろい!

で、女房がマネします。口に手を当て‘ホォホォホォホォ…’って。不機嫌そうに「どうもすいません」って。本者か偽者か区別つきません。いろんな意味で。

話を変えて年末のM‐1ですが、私はオードリーの方が面白かったです。NON STYLEは私的にはあまり笑えません。

YAHOOのあなたが決める2008年のM-1王者でも今日現在オードリーの方が上でした。

でも紳助はダントツと言う。オードリーを挙げていた別の審査員に首を傾げていました。こんなの当たり前だ、くらいの勢いです。

う~ん、ダメだな。私からのダメだしです。たぶんNON STYLEは技術もあるし、玄人受けする漫才なのでしょう。スピード感もあるし。

でも、お笑いや漫才は大衆が面白ければいいので、審査員は関西の芸人ばかりでなく、一般の人からの審査も入れればいいのに。

M-1って芸人は必死でしょ。ならば、審査も考えてあげればいいのになぁ~って。だってU字工事の漫才なんて、微妙な関東の土地勘がなければ面白さが半減するもん。

あと、いがわゆり蚊もおもしろい。

今年はチェンバル語習おうかなぁ?

| | コメント (3)

2009年1月 3日 (土曜日)

あけましておめでとうございます。

2009年 新年あけましておめでとうございます。

200901021208000 新年の湘南は気持ちの良い天気です。幸せです。今年は江ノ島の画像からスタートします。

さて、新年一発目なのでちょっと硬い話し。

昨年は好景気でスタートし、後半は真っ逆さま感がありました。アメリカのサブプライムローン問題、リーマンショック、金融危機。ユーロ圏なんかはアメリカよりもおかしくなりました。

世界同時金融危機、世界的不況です。ただ、本当に日本でもそうなのか?

世界市場を相手にする自動車産業他は確かに煽りは相当受けています。しかし、ドルに対して通貨が上がっている国は世界で日本だけです。

世界はアメリカを中心に回っているけれども、19世紀までは世界のGNPの約半分は中国とインドだったらしいです。

その国に向かって現代では先進国とか言われている国々が、BRICsとか言って新興国扱いするのはどうなんだ?って感じです。

高だか300年くらいの歴史のアメリカに対して、中国やインドは3,000年とか5,000年とかの歴史がある。

たぶん世の中に起こる全ての事は、全て正しい方向に浄化するのです。まったくいい加減な私見ですが…(笑)

だからアメリカ中心でなくなるかもしれない。そんな浄化作用のなかでも日本の通貨は上がっている事実。

例えば悲観している少子化問題だってそうです。江戸時代の人口は約3,000万人です。現在は1億3,000万人でしょ。正しい方向に向かっていると思えば、見方は変わります。

福祉が破綻しそうな事を言いますが、この狭い国土に人口密度が多いのです。本来食料自給率が100%が正しいのですから。

アメリカやフランスやオーストラリアやカナダは100を超えています。日本は40%です。国土に対して人口が多いのです。もちろん子供は宝です。でも少子化は浄化作用が働いていると思えば悲観ではないです。

たぶん自然界もそうです。台風やハリケーンが多く発生するのは、地球自体が環境を元に戻す作用です。汚れた空気や海を撹拌して地球自身を治癒しているのです。

自然を守るなんて人間が言う事がおこがましいのです。自然に私たちは生かされています。

話しを戻すと、日本に不景気風を吹かしているのはマスコミです。悲観の中には悲観しか生まれないし。だから今年は不景気でしょう。

だからこそ明るく前向きに行くしかないです。自然の摂理に従えば、正しければ浄化されません。社員にも言います。正しい仕事なら世の中から淘汰されない、と。

だから、人のためとか、社会のためとか、そう言う基本の心や仕事の原点を追求する必要があるって事です。

また、まったくいい加減な仮説ですが、石油って化石燃料じゃないですか。化石燃料って、動植物の死骸が堆積して出来るものですよね?

産油国ってほとんどが中東の砂漠です。て事は、そこには大昔、動植物が沢山生息してたって事ですよね?

でも今は砂漠です。日本に石油がないのは、大昔から大自然に生かされ、共存させていただいてきたからです。石油の代わりに水は豊富だし、自然だってまだまだ残っている。すばらしいことです。

年明けのシャープのコマーシャルはいいじゃないですか!太陽光は大自然からの恵みです。もちろんCO2排出ゼロです。

日本の技術は世界1です。明るい話題を提供すれば、明るくなれるのに。

残念ながら今年は不景気からのスタートですから、厳しく、正しく、明るくです。。FCCの社員や私はきっと笑って過ごせるでしょう!

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »