« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金曜日)

身だしなみ

ほんとうに時々ですが、フカサワさんってお洒落ですね、とか言われます。言われると一応謙遜します。

では本当にお洒落か?検証しましょう。

靴が結構好きです。1週間違う靴が履けるように、6足あります。それはなぜか?

本当は足が臭かった時期があります。私は結構歩き廻るので、足が蒸れて脱いだ時は納豆みたいな臭いがしました。

せめて毎日靴を替えないと、結構ヤバイ状態になります。本当はそんな理由です(^-^;。

でも靴はアウトレットです。7,000円です。実際は3倍位する靴です。このメーカーばっかりです。

で、足の臭さですが、今は解消できました。もずくとか海草を必死に食べると、足の臭いが消えるんです。だから毎日食べます。ついでに髪にも良い。

では髪の件ですが、以前にも書きましたが、ほとんど1,000円カットです。あまり生えがよくないし、細いし、腰がないし、天パー、しかも薄い。で、もったいない。

でもお洒落したい。ウッフフ…  最近増えた気がする。少し伸びがいい。ボリュームもある気がする。

な~ぜか?

それは、今話題のスカルブd。

買いました。1ヶ月前から使用しています。もちろん茶トルの分も注文してあげました(笑)。意味は言いません。で、夢はお洒落な美容室に行くことです。

フカサワさんって、いい匂いもしますねって言われます。当然です。オードトワレです。

40になる少し前、朝起きると、満員電車を連想させる匂いがしました。臭いの元はどこか?

探します。やっと判明。なんと我がの枕。そうです、オヤジ臭です。自分の枕からオヤジ臭はさすがにショックです。

ちなみにうちの女房は、私と同じタオルは絶対使いません。オヤジ臭がうつるとか言って。で、オードトワレって訳です。

「サムライ」とか言う勇ましい名前のヤツです。そのサムライですが、匂いは名前とは異なり結構軟弱です。

でもオヤジ臭をとるか、サムライをとるかって言ったら、普通サムライです。で、お洒落な匂いがしますね、とか言われています。

洋服。これは、4つくらいのブランドしか着ません。AからDまでランクがあり、今はお金がないので、Dばかりです。Aっつてもそんなに高価ではありませんが…

で、私がお洒落ではなくて、ABCDが勝手に時代っぽくしてくれます。それを私はただ買うだけ。

お洒落ですねぇ~って。ありがとう!でもそんなもんです。恐縮です。

| | コメント (2)

2009年7月25日 (土曜日)

退院

20090725135245 このブログ、‘るる’の闘病日記みたくなってすみません(ノω・、)

今日、退院できました。たった2日で。たぶん、最強です。ヒョードルより間違いなく強いのが‘るる’

20090725155928 抜糸したら散歩に行こう

後ろに小さく写っているのは、リーフ。

リーフも可愛がっていますよ

| | コメント (4)

2009年7月24日 (金曜日)

緊急手術

‘るる’の癌ですが、肝臓に転移しています。肝臓に幾つも癌が出来ていて、そこから血が抜けていきます。通常血液量は40くらいが正常ですが、時々‘るる’は14くらいまでガクっと下がります。

その度に死にそうになるのです。対処はどうするかと言うと、すぐに病院へ連れて行き点滴をして出血を抑え、他のワンちゃんから血を頂き輸血します。

その周期は今までだいたい10日から2週間くらいでした。他のワンちゃんの血が入り落ち着くと、ものすごく元気になります。治ったんじゃないかと錯覚するくらいです。

先週の金曜日にも血が抜けました。イベントがあった土曜日は早朝から動物病院へ連れて行き輸血が始まります。

藤沢の「伴蔵ちゃん」と言う‘るる’と同じケアンテリアとシュナウザーのmix犬に100cc血を頂きました。誠にありがとうございます。次の日も検査です。あまり血液量が上がりません。

更に翌日、一気に下がりました。今度はGOTOさんの「ふぶきちゃん」と言うビアデットコリーに急ぎ着ていただき、200cc血を頂きました。感謝いたします。

‘るる’は要するに2日で血が抜ける計算になりました。このまま死を待つか?

しかも‘るる’のお腹は点滴の腹水でパンパンです。お散歩も出来ません。見ているだけで可哀想です。どうするか?

真剣以上に真剣に考えました。私はチャレンジャーですが、‘るる’は何を望むかなぁ~?と。たぶん死を黙って待つ子じゃないなぁ~、と結論しました。

このままでも1~2週間で逝くだろう?なにか延命できる方法はないか?フコイダン療法他いろいろやっています。必ず生きている肝臓組織があるはずと考えました。そう考えるしかありません。

血が抜けている癌組織を切除する手術はできないか? 癌の権威である医院長先生に相談しました。「可能性は少ないけれど、それもありかも知れません?」と言われました。

私は、血が抜けないでいる今しかないと思いました。で、昨日緊急手術をしました。すべての予定を変更し、途中から会社を早退しました。

きっと何人もいる先生方の中には、無謀とも言える手術に反対の方もいたと思われます。だって、私ですらこの判断が本当に正しいのか?心の中では、自問自答を繰り返していたくらいですから… 

Hi3e0052 手術には、妻もリーフも一緒です。車に乗っていきました。昨年の今頃はこうやって浜名湖へ家族で旅行に行きました。なんだか‘るる’もリーフも嬉しそうでした。

今回の血は、再び友達のワンちゃんでバーニーズの「アルム」から述べ400cc頂きました。仕事を途中で切り上げて来てくれました。ほんとうにありがとう!

手術前に検査をしました。常に血が抜けていたので、血小板が相当少なくなっています。手術はしたはいいけど、塞がるか?懸念がありました。

腹水を抜きます。その頃、急いで手術室に来てください、と呼ばれます。圧が抜けて、心拍数が半分に落ちてしまいました。危なかった!

このままで1週間、眠るように逝かせてあげれば良かったかなぁ~?また後悔の念が湧いてきました。

すると、この病院をきっとステップアップ゚のために辞めた元の主治医のM君が突然現れました。医院長先生が呼んだらしい。

実は彼とは、彼が高校生くらいの時に海で知り合いました。彼が日大農獣医を卒業し、ここに勤めたので、暫らくしてこの病院に通いました。

その彼に言われました。「深澤さん、どう決断したとしてもすべてが正解ですよ!間違いは一つもないんです。」って言ってくれました。救われた気がしました。ありがとう!

‘るる’のお腹を開いた頃、また手術室に呼ばれました。‘るる’のお腹の中を見ながら説明を受けます。肝臓はもうクレーターの様にボコボコです。

癒着もあり、切除は無理かも知れない、と言われました。私は‘るる’とは今日でお別れかもしれない、と覚悟を決めました。

2時間ほどすると手術に参加してくれていたM君が降りて来ました。「深澤さん診察室に来てください。」、と。取れた癌を見せてくれました。

「ほとんどが取れましたよ!!」って、弾んだ声です。まさに奇跡です!! 

2箇所残っているところもありますが、血が抜けていたところはすべて切除できた、と。医院長先生や病院スタッフの皆さんやM君や血をくれた方や心配してくれた方やみんなに感謝します。

Hi3e0053 今日面会に行きました。もう、こうやってご飯を食べていました。恐るべき娘です。

また一緒に散歩に行きたい!

先生はこの病気で化学療法をやらないで、ここまで生きている事が凄い、と言います。でも、私は‘るる’を真剣に16歳まで生かしたいと思っています。

でもこの病院がなければ、今生きていないと思います。自分の‘るる’に対する最大の愛情からなる方法をこれからも信じて、そして病院のアドバイスも素直に聞いて、まだまだ‘るる’と一緒にリーフそして妻と過ごしていきます。

| | コメント (3)

2009年7月20日 (月曜日)

イベントの少しだけ深い話し

社員企画のイベントは、当該担当者をはじめ、社員は働かなければなりません。でも、言います。「楽しみなよ」って。

そうなんです、大人になってのイベントって、子供の時のように、ただ遠足に行って楽しかった、ではダメだと思うんです。

楽しめる場所を探して、しおりを作って、道案内をして、引率して、そして尚且つ自分も楽しむのが、大人のイベントです。って話しを社員にします。

金払って働いて、割り合わねぇ~よ!って普通は思います。でもそれではダメなんです。実践研修です。

割り合うように自分達が、楽しむんです。人が喜ぶのが嬉しい、とか。楽しんでくれてよかった、とか。自分も一緒にたのしもう、とか…

これって会社と一緒なんです。社員にやってもらっているのは、会社の運営と一緒なのですよ。

今回のイベントリーダーはウッチーでした。合格です。2年目社員ですから。サブにリーダーの茶トルを付けています。寸前まで口を挟みませんでしたが… 

中堅社員研修の実践ですよ。PDCA。そして計数管理。地引くらいは小さな事ですけどね。ここの収支くらい考えられなければいかんです。

当日は、愚直なまでに一生懸命働いていました。好きな酒も飲まずに、自分が犠牲になっていました。立派です。でも、視点を変えて勉強しなければいけないことがあります。

難しいけど。まだ理解できないと思います。不器用なのですこしパニクっているようです。でもガンバレ!本当は犠牲もいけないし。

イベント当日は目配り、気配り、心配り。私の目は気にしないで、自然とできるか否か。、その上で楽しむ。そしたらサービスの達人の一歩手前までいけます。

イベント開始前に、ある社員を怒鳴ります。私は遅れて行きました。元気よく「おはよう!ご苦労さん!!」って。そしたら、みんな元気に返事があります。

1人だけ、目が合っても挨拶しない。で、どっか私の視界から離れていきます。当然呼びます。サブリーダーです。

「挨拶はどうなってんだよ!」って。嫌な経営者です。遅く来て、社長に対し挨拶を強要する。傲慢な感じです。

でもどう思われようと構わない。社長にろくな挨拶もできない奴が、お客様に挨拶ができるか?って。気配りなんてとてもムリだ。基本です。

遅れるには理由があります。やらされ感を持つと、自分達ばっか働いて… になります。仮に意図が分からず、どう思おうと非礼は許しません。ここが勉強です。

昨年のドラゴンボートの時もマナー問題で、キツ~く叱りました。イベントでは、そういう事や人に対しての気配りを身をもって覚える事が一番大切なんです。

自分達が学んだ事は、家で奥さんにも話す。「○○の家内です。主人がお世話になってます。」って普通だからね。

じゃー面倒臭ぇ~出たくねぇ~よ!って? 違う! それは基礎だからね。それらは、普通にやること。やらなければいけないこと。人として恥かくよって。

リーダーが当社に入社した頃の話しです。飲み会で、制服のズボンを膝までめくり、非常に見苦しい。で、叱ります。「会社の制服だぞ!しかも上司と飲んでんだぞ!!」って。

普通は分かりますよね。彼も今はこんなことがありませんが、その当時は分かりませんでした。で、なんて言ったか?

Ans「もう二度と制服着て飲み会に参加しません!」 私はこう言います。「ガキ! 次に制服着て飲むときは、身だしなみに気をつけます。って言うんだよ!!」

人としての儀礼は、当たり前です。私は自分の社員だからいろいろ言います。他人だったら言いません 。当たり前を当たり前にできないと、自分達は損するし、人生を成功できないよ、って。

自分の成長と一緒に奥さんや家族と共に成長する。これは会社も一緒。社長も学ぶ。そして社員と共に成長する。

イベントは、会社運営の縮図なんです。実践研修なんです。

| | コメント (4)

2009年7月19日 (日曜日)

イベント

昨日、社員の企画で当社と(株)水口の共催で、地引網を行いました。100名を超える参加者があり、大盛況でした。

20090718114003 しかも…

こ~んなに!!

漁師さん曰く 「こんなに獲れたの今年になって初めてだ!」

鯛がなん枚もあがり、鯵やら生シラスやら相当獲れました。本当にツイてる。

ツイてる会社の社長さんや社員さん、そしてツイてる参加者の皆様のパワーのお陰です。

20090718115018 で、その後は当然ビーチクリーンです。遊ばさせていただく、浜を綺麗にします。

イベントは地引網だけではなく、獲れた魚を肴に、鮪の解体ショー、演奏、そしてリンボーダンス大会。

20090718142642 なんと、優勝は‘トメ’

空気読めよ!ってみんなから言われていました。FCC社員が優勝しちゃまずいだろぉ~って。

でも、ズルしてる訳じゃないし、「いいんじゃないの」って言いましたが…

ただ彼は日ごろから相当KYっちゃ~KYですが…(笑) 打上後もゲロゲロでした。浜で縄張りを相当作っていました。

20090718144836 子供の部はかわいい!

商品はスイカ割りです。割ったスイカは、思いっきり食べちゃって下さい。

スタッフはみんな良くがんばりました。成功です。ほんとうにご苦労さん!

ただ私的には、やっちゃいけない大失敗がありました。スタッフの責任と言うより、私が口を挟んでよい内容でした。

それは、獲れた魚の相当量を処分しなければいけなかったことです。また、沢山の刺身を残してしまったこと。

魚は、氷の入れていない桶があり、そこに入れていた魚が全部ダメになってしまいました。人数と魚のバランスを確認させて、お土産用として、予め参加者にお配りすればよかったです。

大自然の恵みを台無しにする、もっともやってはいけないことをやりました。これは会社としてのポリシーの問題でもあるので、私の責任として反省したいです。

| | コメント (2)

2009年7月17日 (金曜日)

最近思う矛盾

開業前に小さな会社のハウツー本をよく読みました。そこに、採用に関することが書いてありました。

人は先着順に採りなさい、と。それも縁だと。採ってからじゃないと分からないと。

実践していました。折込の一番安いヤツで募集して、来た順にどんどん採用していました。そんで、以前の失敗はそれが原因だったと、豪語していました。しています。

色んな会合やセミナーに行きます。会社にとって採用が一番大切である、と。会社とのベクトル合わせは、採用の段階で選別するべきだ、と。

一人前(躾が入った社会人)の人間にもなれそうもなければ、面接で人を判断して、採用するべきでない、と。会社には良い人間を入れるべきだ、と。人の見る目は、面接を繰り返すと養われてくる、と。

でもこう考えると、篩いに落とされた人間は、一体どこで学ぶんだろう???

現在の企業は、特に中小企業は、エリート社会から弾け出された若者の、いや若者だけではなくて、そういう人の教育の場かも知れない。

面接では、貴社のような仕事がしたくてご応募しました、って来ます。本当にゴキブリ駆除がしたいの?って。

まぁインテリジェンスな他の業種では、そりゃ~それがやりたいって来るでしょう。でも、本当の天職なんて分かんの??しかも、若いやつが。

天職って、嫌々でも今勤めた会社の仕事が天職になるんじゃないの?それが、今あなたに与えられた職な訳ですよ。素直に運命に従えばそうですよ。

であれば、偉そうに企業は、人を大切にして、育み…etc 言いながら、会社に合いそうもないというだけで、思いっきり篩いにかけるのはどうなんかな~?

で、学んでいる経営者は、人の採用も学んでいるわけです。そこで弾かれた人間は、学んでいない経営者の下で働きます。

で、輪廻転生があったとして、そいつらは、今世では自分の力で何とか気付く以外、永遠に学べない訳です。

私は以前、やり方が相当間違っていました。未熟でした(今も)。でも、開業してからその時その時で、正しいと思えることを社員に伝えました。しかも思いっきり伝えましたよ。

それは別の言葉で、押し付けとも言う。私が正しいと思っている事を押し付けていました。言葉を変えると、経営者のエゴの押し付け。

何人も辞めました。会社も当然纏まりませんでした。でも、数人ですが、「その時、社長に言われたことが分かった」と辞めた数年後に、葉書やメールで言ってくれる奴もいる。

私の真剣なエゴを後から理解してくれて、今後の人生、と言うとそこまで影響力のある人間ではありませんが、これからの社会生活のほんの些細なヒントくらいは与えられたかなぁ~、って

分かってくれなかった社員も当然います。でも、心の片隅に引っかかりを与えたとしたら、それでいいかもしれないし… 

箸にも棒にも引っかからない(辞めた人間が読んでいたら(*_ _)人ゴメンナサイ )そんな人間にも少しでも影響を与えるのが、中小の役目なんじゃないか??とか。

特に当社みたいな会社の役目なんじゃないのか?と。本物のエゴかも知んないけど…

分からなくても結構、いずれ辞めても結構。でも本当は、そんな人間までもを、生かせることができたら、私も本物になるのかもしれないなぁ~。

だから自分に、と言うより自社に都合の良い社員を入れる事が、本当に正解なんだろうか?と、時々考える。

会社運営を考えれば、そりゃぁ~人です。優秀な人材がいれば、会社にとっては万々歳です。それに、ベクトルが合う社員がいなければ、なかなか会社よくならないです。結構、大変です。

いや、私も偉そうに書きながら、面接で篩いにかけますよ。今はネ。勉強したから。でも、なんか矛盾を感じんだよなぁ~。人から聞くと特に。自分で言ってる分にはいいんだけど…(笑)

でも論外は、手癖の悪いヤツやギャンブラーや女癖の悪いヤツ。(もしかしたら酒癖も)これだけはどうにも直らない。取立屋からの催促が頻繁に会社にも来て、苦労かけられた!

警察にも何回も付き添いで行ったっけ。やれやれ。一つ言えるのは、これだけは今後も絶対に御免だ!

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水曜日)

Now and forever

ご存知、リチャード・マークスの名曲です。たぶん、今までで4番目くらいに好きな曲です。いい加減ですけどね

だいたい10位くらいに25曲くらい入ってます。で、先日 って言っても半月以上前ですが、EXILEのATSUSHIが歌っていました。

確かにATSUSHIは上手い。でも、この曲はATSUSHIじゃダメなんだよなぁ~

Richard Marxでなきゃダメだめ

でも、日本人が歌ったお蔭で初めて歌詞が分かりました!好きとか言いながらほんとうにいい加減です。

で、こんな感じの歌詞です。

「数々の苦難が頭を駆け巡り 疲労困憊している時
 やっとのことで正気を保っている俺を 受け入れてくれる君
 途方に暮れている俺をそれでも理解してくれる君
 今より永遠に君の男でいることを誓う

 自分のことに精一杯で 君のこと深く考えていなかった時もあるけど
 君は僕に与えられた 天からの授かりもの
 あらゆる方法を尽くし君に伝えたい
 今より永遠に君の男でいることを誓う

 心の安らぎを得た今強く思う
 もう独りではないんだね
 どんな時にも君はいつもそこにいてくれたんだね
 いつの日にも

 海が砂と交じり合わなくなるその日まで
 今から永遠に君の男でいることを誓う」

照れくさぁ~c(>ω<)ゞ

いままで知りませんでしたからねぇ~

日本男児は言っちゃいかん!

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日曜日)

ここ最近のいろんな話し

先週は、同友会の活動で忙しかったです。木曜日は全国の総会が椿山荘でありました。私は14分科会、ノーベル平和賞のグラミン銀行の話しを聞きました。

すさまじい飢餓の現実を見たムハマド・ユヌス氏は、小額の無担保融資を、貧困層や貧しい女性達に実施してきました。それがグラミンです。

一般の銀行の理念とは、正反対の考え方です。普通に考えるならば、成り立つわけがないと考えます。

でも現在では、700万人以上の人が融資を受けて、貧困から自立脱皮しています。立派に成り立っています。

正義の考え方や理念が、そうさせているのだろう!世の中に必要とされる会社が、生き残り、立派に成長する証しと感じました。

話しは変わり、この土日は自宅で賞与査定をしています。評価基準に基づき査定しています。別の感情はけっして入れないで評価します。前回からは、リーダーの評価も取り入れています。

人の評価が一番難しいです。判断基準がないと、好き嫌いでトップが判断していると思われます。みんな自分自身の評価は高いので、しっかりとした基準が大切です。

基準を基に人を評価すれば、やる気をなくすこともなくなります。大切な社員が辞める原因の一つに評価があると思います。

公正な評価は、理念と同じくらい大切と考えます。当社では施工点数制を採用しています。リーダーなら部署の平均点数でも評価します。だから言い訳無用です。

ボーナスは基本的に量的評価のみで評価します。そこに、多少の日ごろの仕事の態度や取り組み姿勢を鑑みます。

この不況下ですが、当社は社員のお陰で、しっかり昨対比はクリアーしていますので、この夏のボーナスは全社員、評価額から10%増しで支払う約束をしています。

また話しは変わり、‘るる’の件ですが、もう老犬なので、すこし元気は足りませんが、大丈夫です。生きています!

20090712131301 以前お話した論文の件ですが、それがこれです。吉田医院の吉田先生が書いたものです。

いまフコイダン・ダッシュ療法に、望みを懸けています。フコイダンの癌に対する効果は通常、アポトーシス、新生血管抑制、免疫強化と言われています。

ただし、一般のフコイダンでは、分子量が大きくて体内に5%しか取り入れられないらしいのです。

そこで、低分子化されたパワーフコイダンと言う商品を紹介していただきました。これを武器に‘るる’の癌と戦っています。

肺に転移した癌は大きくなっていません。レンチンプラスの効果です。これは継続して飲ませます。また、ルミンaの効果も信じています。

望みはまったく捨てていません。

| | コメント (2)

2009年7月11日 (土曜日)

雪とパイナップル

20090710125127 尊敬している鎌田先生の本です。

当社の社員には、色々な方の教えを伝えたり、本を読んでもらったり、私もいろいろ話し、ほとんどの社員が、‘ありがとうございます’‘感謝します’って普通に言えます。

言葉に出すことはとても良いことです。言霊です。仮に本当の意味が分からなかったとしても、言うだけでもいいことです。

でもこの本は、‘感謝’の本当の意味を教えてくれる1冊です。

1冊の本を全社員に回しています。どうぞ泣いてください

私は涙腺が強靭ですので、大丈夫でしたが、号泣する恐れがあります。電車内や人前ではくれぐれもお読みにならないように!

お薦めの1冊ですよ

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月曜日)

‘るる’がまた…

先週の金曜日は、共育講演会でした。社員と一緒に平尾誠二さんの講演を聞きに行きました。妻も楽しみにしていました。

20090704095921 ところが、また‘るる’の容態が悪くなってしまいました。私は行かない訳にはいかないので、妻に動物病院へ行ってもらいました。

点滴をしました。一応輸血してもらえる犬を探してください、と言われたらしいです。できれば、今日中にマッチング検査も、と。

そう言えば、昨日久々にBOOから連絡がありました。「会社で慈善事業をやっていまして、軽い協力をして頂きたいと思いまして… その慈善事業ですが… で、そのジゼン事業なんですが…」

なぜか、彼が慈善事業、ジゼン事業って、言えば言うほど、ギゼン事業、偽善事業って聞こえる(o^-^o) 私だけだと思いますが。(笑)

脱線しましたが、「そうだ!BOOのベルがいたっ!!」 なぜ今まで気が付かなかったんだろう?

早速、電話しました。 「偽善事業の件ではないんだけど、ベルの血くれない」って。(心の中で、それが本当の慈善事業って)(血まで、もらっといて言い過ぎてゴメン)(今度ご馳走します)(でも、安いところで

すると彼 「今、親は居ませんが、かってに実家から連れてって下さい」って。 普通それはできないよって返答します。犬泥棒みたいで…って

妻に話したら、有無も言わさず早速ベルを拉致して、病院でマッチング検査を勝手にしてきていました。マッチしたよ、だって(笑)

20090706162619 ‘るる’は点滴をして、自宅に帰っていました。私は、夜帰宅して会いました。

でも、まったく元気がない

食欲もないし、抱っこしてもダラ~って感じです。可哀想。そーっとこの日はハウスで寝かしてあげました。

次の日はマッチしたベルから輸血です。今度は拉致ではなくBOOのお母さんから承諾を頂き、連れて行きました。

20090706162643 ベルです。

動物病院は近いので、初めに‘るる’を預けてから、ベルを迎えに行きました。

かわいい!でも、ちょっと臆病。で、何にでも凄い好奇心。右行ったり左行ったり、リード引っ張られっぱなしです。‘落ち着け’って何度も言いました。

誰かに似ている。誰かは言わないけど。(お分かりですね?)

ベルの輸血が終わり、帰宅しました。助かりました。ありがとう!でも、夜になると、また元気がなくなりました。いつもと違う。ゾンビのように甦らない。

朝方、今までにないくらいダラ~っとしています。苦しくはなさそうです。でも覇気がまったくない。妻と2人で少し諦めてしまった。と言うか「もう、がんばらなくていいよ!」って言ってしまいました。

20090705090713 日曜日も朝一番で、動物病院です。

ICUに入るも、ずーっとこんな感じです。先生から、もう少し輸血をしたいから、犬を探してください、と言われます。

お散歩仲間で、今度は当社の看板や車のカッティングシートをやってもらっているゴトウさんのアディーにお願いしました。(画像がなくてすみません!)ありがとうございます。

妻が迎えに行き、その間、私はインターネット他で、また違う方法を調べていました。すると、こんなことが書いてある記事がありました。

「しゃべれないけれど、犬は、本能的に最後の最後まで生きようとします。できる限り延命することが飼い主の務めかもしれない。飼い主が諦めた時点で、その犬の生涯を人間の都合で閉じてしまう事になります。」

反省しました。最後まで諦めない決心をしました。新たな奇跡の方法を検索できました。資料依頼したら、1日で届きました。ある外科医の論文です。試します。諦めませんよ。

私が通っている動物病院の先生方や優しいスタッフの皆さんは、最後まで全力です。‘仕事’と言う割りきりではないです。そう言う事が分かっているからだと思いました。いつも自分の会社の経営にも勉強になります。

20090706202002 で、今日、退院してきました。またまた凄~い奇跡です!退院できるなんて!!!

昨日、一昨日の感じでは考えられません。‘るる’と1日でも一緒居れる喜びは、格別です。至福です。感謝です。

で、今回は前回のこともあるので、酸素もお借りしました。チョッと呼吸が荒いので、酸素をバリケン(ハウス)に入れながら、隣でこのブログを書いています。

嬉しいです。楽しいです。ベル、アディーありがとう。

| | コメント (5)

2009年7月 2日 (木曜日)

債権者集会

取引先の旅館が突然倒産しました。行って来ました、伊豆まで債権者集会に。ここ最近で、取引先のホテル・旅館の倒産は3件目です。

ここは本当に良い旅館です。伊豆の有名ホテルの社員も研修に来るほどの格式高い旅館です。まさか、潰れるとは…

で、債権者集会は、軽い修羅場になっていました。水面下で売却交渉を進め、23日売却、29日より営業休止で、本日が集会です。

旅館も、経営者も破産申立てしているので、債権はすべて放棄です。私共は害虫防除で年間保守契約しています。毎月請求していますので、年間料金の半分を放棄です。(でも違うらしい。後述)

で、質疑応答。

口切がメンテナンス会社。「計画倒産じゃねーか!」

なんでも、この旅館に社員を数人行かせているらしい。清掃かな? で、売却したことも知らせてくれなかった、と。突然29日に引き揚げを勧告され、7月3日からまた来てもらう、と理由もなく、言われたとの事。

本当のことを何故知らせないんだ、と怒っている。労働債権に自分の会社から行かせている社員の分も含めろ!と訳の分からないことを言っている。

それに火がついて、別の奴も「分かっていたら商品を納品しなかった。計画倒産だ!」、と。

「今から旅館に入らせろ!引き取れるものはすべて引き揚げる」、と

拍車をかけ言い掛かりを付ける輩まで出てくる。「俺は経営者じゃなくて、使われの身だけど、こんな大人しい債権者集会は初めてだ!主張するものはドンドン主張しろよ!」

って、訳わかんない言い掛かりで騒いでいる。言ってみれば潰れる会社はみ~んな計画倒産です。でもここは、いわゆる計画倒産ではない。

うちは昨年、鬼怒川のホテルでそれにやられました。譲渡が決定しており、地元企業では噂になっていたらしいです。

譲渡前に、我々のような地元以外の業者に保守を契約し、その後すぐに倒産。債権は当然放棄。次の会社は、完璧に保守が済んだ段階で営業開始。さすがに頭にきた!

こう言うのがいわゆる計画倒産です。ここの社長は、サービス業を貫いただけです。28日までの営業で、物やメンテナンスがなくなれば、お客様に迷惑が及ぶ。そちらを優先するのは、旅館業なら当たり前だ。

債権者集会に、経営者が顔をだし、私達に頭を下げています。普通は弁護士だけです。

輩の債権者は、今までは当然、仕事を貰うために低姿勢に言葉遣いも気をつけていた筈です。倒産したとたんに、今度はお世話になっていた社長に対して罵倒する。聞くに堪えない。

そんな奴は、次は我が身だ。少なくても、いままで仕事を頂いていた筈です。感謝の心はないのか?そりゃ~経営の失敗でしょう。でも、経営者なら分かる筈。

大人しくしていた半数ほどの債権者は、同情しているんだ!大人しいのは大人だから同情してんだ!人ごとの言い掛かり野郎とはちがうんだ。

で、この債権者集会に倒産した社長は、次の引き受け会社に参加してもらっていました。旅館経営者仲間が、購入したのだと。

説明がありました。「納品されている商品は、手前共で使えるものはすべて買い取ります。また、既存お取引先様とは、継続お取り引きをお願いします。」、と。

これ、すべて倒産した社長が段取りした筈です。そんな心も分かんねぇーで!商品引き揚げるって言った奴はどうすんだろう??引き揚げろよって。

で、引継ぐ会社が出てきてから、輩共のトーンが下がったのには笑える。

で、解散。次の会社の担当専務に群がる。現金な奴らだ。私の会社の業務は、明日、明後日の問題ではないので、来週以降落ち着いてからアポイントを取ろうと思い退散。

すると、玄関に倒産した社長がいました。当然、今までありがとうございました。って言います。そして、社長もがんばってください。って言って握手しました。

したら、FCCさんの継続の話しはしてあるよって、社長。要するに、ほとんどの会社が、債権を1ヶ月分だけの放棄で、次に継続出来るように配慮して下さっているってことです。

私は、社長の今後の人生の再建を心よりお祈りしています。

| | コメント (3)

2009年7月 1日 (水曜日)

経営者感覚

一人一人が経営者感覚を養う社内研修や会議をやっています。

経営で大切な事は色々ありますよね。

今日、社員のレポートを再度読みました。良いことが、いっぱい書いてあります。当然、色々な要素のバランスも大切です。

でも、まだまだ幹部の道は、み~んな遠いです。

なぜならば、ほとんどの社員が手前味噌だからです。

質問内容は違いますが、なんの為に会社があるか?って言ったら、人様のお役に立つためだ。お客さまに喜ばれるためだ。

これが分からないから、一部不誠実な対応が起こる。

理念が大切だと言う。では、経営理念は何故あるか?

そこには、社会貢献しよう!って書いてあるからだ。どんな手段で貢献し、何を大切にするかが書いてあるからだ。

自分達のためだけの会社なんて、大宇宙から淘汰される。仕事は、社会や人様のお役に立つためだけに存在する。そして社員が幸せに楽しく働く。それが、先でももちろんいい。

で、あったらその先にそれがないと、手前味噌だ。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »