« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月曜日)

政権交代

昨日の選挙は民主党の圧勝でした。当然私も選挙に行きました。今回、初めて選挙で列に並びました。それだけ関心が高かったのでしょう。良い事です。

さて、政権交代する訳ですが、期待しましょう!本当は私は違うんですよ。でも、批判からは何も生まれないですし、今は信じて国のために期待します。

民主党の鳩山代表のマニュフェストを今一度読み直しました。

友愛社会:ひとつひとつの生命を大切にする。他人の幸せを自分の幸せと感じられる社会。「私は、コンクリートではなく、人間を大事にする政治にしたい。」

いいですよねぇ。ただ批判とは別に5つの約束の1つに懸念があります。それは子育て・教育。

まずは財源に関して。「中学卒業まで、1人当たり年31万2000円の子ども手当を支給します。高校は実質無償化し、大学は奨学金を大幅に拡充します。」この財源はどうするのか?

子供手当てに5.3兆円もの財源が必要になります。消費税で2%です。民主党は配偶者控除の廃止、行政の無駄使いの排除、補正予算の見直しで捻出すると言ってますが、まずはお手並み拝見です。

それと教育改革に力が入っていないのが気になります。「教育格差を是正・教員免許制度を抜本的に見直し、教員の養成課程は6年制(修士)とする。」それ以外は運営に関して終始しているに過ぎません。

子供のいない私ですが、子供は国の宝です。子供の教育支援はしたくない、などとチンケな事は言うつもりはありません。しかし、これは子供を持つ親を支援するのであって、子供を優遇するのとは違う。

間違えると、中国の一人っ子政策の様になってしまう。荒廃した日本人に更に小皇帝を作っては、本来の日本を取り戻せなくなる。何が言いたいのかと言うと、少子化対策=子供への過保護は悪です。

子供のすることだから、が一番いけない。社会は法律と言うルールで成り立っている。時には理不尽を甘んじて受けなければいけない時もあります。俺が正しいは、通用しない事の方が多いです。

子供主体は、自分とは違う他人を受け入れない社会性を養成することになります。だから政策は子を持つ大人の支援であって、子供への過剰擁護ではない。ここを間違えてはいけないと思う。

大人主体の社会でなければ、いけないと思う。子は宝だからこそ、年長者を敬い、理不尽だとも思われる大人が作った規則をも守る、そして道徳が必要です。

その上で社会性を持った立派な大人になってから法律に注文をつけ、国を変える努力をすればいい。将来の大人がこの国を変える。

マニュフェストにも、日本人らしさを取り戻せる教育政策が欲しかった!教育改革なくして未来はないです。真剣に取り組んでもらいたいと思います。

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日曜日)

2009年8月最後の週末日記

この夏、思えばプライベートは、動物病院の記憶しか残っていません(^-^;

しかし、‘るる’が逝った今も何故か動物病院です(笑)。リーフの目の傷が治らなくて…

土曜日も動物病院へ。「もう大丈夫でしょう!」 リーフの目は完治しました。喜ばしいです。でも、な~んか寂しいような… もういいんだぁ、来なくてって。

夜は大道塾の稽古にも行けました。帰ると、近所に住む友達から、「いい秋刀魚が入ったんで、食べに来なよ」ってお誘いが。

20090829202305 そう言えば、この夏はBBQもしなかったなぁ~

新秋刀魚の刺身となめろうと、そして七輪で炭焼きです。根室産の新秋刀魚。脂がのって最高に旨かったっす!

帰宅したら、疲れてたんで速攻就寝です。で、夜中。正確には夜中中。リーフがゼイゼイ言ってます。結構苦しそうです。

友達が秋刀魚の骨あげたんで、それが喉でつっかえているのか??

結局、日曜日も朝一から動物病院に行ってます(笑)。胸中複雑です。マンガみたいです。どうも辻堂界隈で流行っている犬の風邪らしいです。

で、この夏は最後の最後まで動物病院でした。って事で、夏の日記はお・し・ま・い。チャンチャン。

お後がよろしいようで。。

| | コメント (2)

2009年8月28日 (金曜日)

必死です。

20090826165220 リーフとの早朝の散歩の画像です。

‘るる’が逝った今、我が家での私は結構な疎外感があります(^-^;

マザコンリーフをこっち寄りにするのに、相当頑張ってます

でもぜんぜん言うこと聞かないんだわ

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水曜日)

仕事の使命感

先日は珍しく、当社の社員研修を担当してくださっているコンサルタントさんに、その彼のブログ上で褒められました。前向きなエネルギーを感じる、と。

ただその2~3個あとの記事を読んでいったら、素直に喜んでいいのか?ビミョ~な(笑)感じにはなりましたが… でもありがとうございます(*^-^)。

うちは何故今まとまっているかと言うと、きっと当社に勤めて良かったなぁ~とか、当社が好きかなぁ~とか、思ってくれる社員が7~8割はいるからだと思います。

少し前は半分くらいでした。6年前はほとんどいませんでした(;´д`)トホホ… 

で、私がそんなに変わったのかと言うと、正直そんなでもありません。ここ数年、気がついたことは色々ありますけどね。

じゃーなんでかって言うと、きっとしつこいくらいにFCCの大切にしている事や、理念や信条や私の拙い考え方を伝えているからかも。

そうすっと、こんな考えの会社が好きかなぁ~って言う社員が集まり、そんで残ってくれているからかも。だから辞めていく社員も当然いますね。

もしかしたら、給料だけ貰えればいいかなぁ~って考えている社員も、中にはいるかも知れないです。でもそれでは、仕事に使命感は間違いなく出ないし、当然分かります。

当社の社員は中途社員が多数です。何社も転々としてきた社員もいます。大概、その会社がイヤでか、或いはその会社から嫌われて当社に来ている訳です。

勤めて、給料頂いている会社の悪口言いながら働いている奴に使命感は生まれません。会社が悪いか?本当は自分の心に原因があるケースがほとんどです。

きっと、どこに行っても同じです。自分が皆から好かれて、頼りにされて、お客様から信頼されて… そしたら、会社も当然認める。

どこの会社も何かしらあって、別の目線で見れば、欠点だらけな訳です。自分が使命をもって楽しく働けば、その会社の見方も180度変わります。

FCCの欠点が見えるなら、FCCを変えよう!って。それには、社員から、お客様から、社長から信頼を得よう、って。楽しく働こう、って。

当社は、人として正しく、道徳を重んじ、とかが理念や信条です。人の道外れたことやってたら、最後は自分に跳ね返る。また非礼をする人間になるなって教育します。

こんなことをいつも言ってます。きっとそんな言葉や方向性(指針)で、コップを上に向けているだけで、本当は皆が以前勤めていた会社より、ダメな会社の筈です。

だから、気が抜けないです。本当に良くなってんのかなぁ~って。でも不安にはなりません。社員のお客様への対応を見れば、一発で修正できます。

お客様へハートの対応が出来なければ、使命感がなくなってきている証拠。それは会社や、対価や、業務の問題ではないです。

人としてどうなんだって話しです。こんなことばっか言ってます。人に喜んでもらうために仕事があり、人に思いやりを持って親切にするために生きています。

で、楽しく働くんだよって、怒りながら言ってる矛盾な私もいるにはいますが(笑)

だから、私も勉強しながら、社員と共に生き方の修正をしていますので、前に向くエネルギーを感じてくださっているのかもしれません。

| | コメント (2)

2009年8月25日 (火曜日)

初七日

Hi3e0119 ‘るる’が逝ってから初七日を迎えます。泳ぎ好きの彼女の事だから、きっと三途の川の畔で遊んでいると思われます(笑)。目に浮かびます。

皆様からコメントやメールありがとうございました。写真は微笑ましく見ることが出来ますが、同時に自分が書いた‘るる’の記事は、読み返すことは出来ません。

つい先日まで、一緒にそばにいた現実があると思うと少し切なくて… 6ヶ月の闘病で勉強になったもう一つをお教えします。

この様に過去や悪い未来を考えない事です。一緒にいられる時は、今一緒にいられる現実が幸せですから、そのことだけを思います。

先に起こるか分からない辛い事を考えると、幸せにいられている今がもったいないです。今は幸せなんだから、それだけでいい、と。

‘るる’は何度も死にそうになりましたが、ゾンビで復活してまた会えた時、この今の幸せだけを考えました。

要するに未来は、今日や、もっと言えば今一瞬の積み重ねです。未来をどうしても考えたいのなら、望みの可能性(%)なんてどうでもいいので、希望だけを考えます。

そうすると一喜一憂しないで、どんな事があっても幸せにしかいられませんよ!!

20090824220649_2 ‘るる’の闘病期間の写真を集めてみました。私の抱っこでは 、すべ~て笑っています。偶然ではありません。仔犬のような顔になっています。健やかに、無邪気に笑っています!

ちなみに女房が抱っこすると…

20090813204435 ライバルでしたね?きっと。( ´艸`)プププ

| | コメント (8)

2009年8月22日 (土曜日)

常に動いています。

寂しがってはいられません!常に前向きに動いています。

昨日は、研修講師とリーダーとの打ち合わせ会食です。本当にABちゃんは成長した、と感じました。まだ20代半ばの6年目社員です。今年、係長に昇格しました。

最近のAちゃんブログを読んでも、考え方の成長にビックリしていました。厳しさも出てきました。

思いやりとは、優しさだけではなく、時には厳しさも当然必要です。統率が取れない、勝手し放題のセクションで、それこそ崩壊でもしたら、そこの部員は路頭に迷います。

なにより、部下になぁなぁでは相手になんの影響も与えられません。最近のABちゃんは真剣だから、相手を思って言えるのだと思います。

主任になった昨年から相当厳しく接してきました。人を要領で動かしていたからです。自分が率先して動いて、やって、共にやる。頭の回転で人を動かす時期ではありませんでした。

いずれ自分が動いてはいけない時期がきます。それは自らが動いて経験して、マネージメント職になってからです。

彼は分かってくれた様です。でもまだ人に左右され易いところもあります。人の判断は沢山失敗しないと分かりません。私だって未だそれには悩まされることが多々あります。

ゆっくりです。でも頼もしいくらいに成長しました。甘さだけではないところがいい!部下に正論が言えない優しさは、だらしなさです。彼は少し克服しました。

彼は今日からエジプトへ新婚旅行です。彼が1週間いないと、業務が少し不安ですし、治安の悪い国ですから心配です。

でも不安や心配は毒ガスです。怪我や病気をしないで、一生の思い出に楽しんで休んでほしい!

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水曜日)

お星様になりました。

今朝、‘るる’は虹の橋を渡りました。

朝、5時頃に息がすこ~しと荒いなぁ~、と思い酸素を口元に持っていきました。5時半ごろ呼吸が落ち着きました。

6時前に妻が泣きながら‘るる’息してないよ!って。少し前にリーフが2階に駆け上りました。その時だと思います。

でも、まったく苦しがりませんでした。健やかでした。今、私は悲しくないのです。まったく後悔もないし、やり切ったし、本当に理想的な逝かせ方をしたと思っているのです。

2月に脾臓が破裂した時は、もう一度元気になって、海に連れて行ったり、お散歩したりしたいと思いました。このまま逝ったら辛過ぎると思いました。‘るる’が愛おしくて愛おしくて仕方がありませんでした。

願いが叶って元気になりました。その後も何度も死にそうになりましたが、点滴をして、輸血をして、すごく元気を回復して、抱っこしてあげて、おやつをあげて、とても幸せな闘病の半年間でした。

私はとても恵まれていて、祖父母やお世話になっていた会計事務所の先生が亡くなったりはありますが、私にとっての大切な人は、ほとんど亡くなった経験がありません。

ワンちゃんを飼うことは、先に逝く事を覚悟しなければいけません。でも、私には受け入れられるか、不安でした。以前は、こんな可愛い‘るる’が先に逝く事を考えるだけでも無理でした。

以前、あるコラムに救われた事があります。2006年6月29日の私のブログにはその事を書きました。今、私は同じ境地にいますよ。ホントですよ。

‘るる’には感謝しかありません。ありがとう!

当時、私達夫婦には子供が出来なくなりました。詳しいことは書きません。湘南に移転したのも、ライフスタイルが多様なこの地で、子供がいなくても楽しく暮らしていく方法を考えたからです。

20090819204009偽善と思われそうだから、一度も書いたことはありませんが、つい最近まで施設の子の里親をやっていたこともあります。そのうち書きます。

そして‘るる’を飼いました。‘るる’を本当の娘として飼いました。当時、うちの妻は、子供が出来ない事が判明する前に購入していた育児日記帳に、犬の‘るる’の成長記録を記入していましたからねぇ。

上の画像は‘るる’が大切に育てられてから半年後です。雑誌に投稿したら掲載されました。カールおじさんみたいでしょ(笑)。しかも目がきついですよね。

湘南ではなく結婚して初めて住んだ地では、ライフスタイルは全て子供主体で、私はともかく妻は可哀想でした。年配の方とは仲良くなりますが、同世代の方には誤解されていました。

そこで‘るる’の登場です!‘るる’はヒロインです。‘るる’を介して色んな方と普通にお話しし、知り合いになり、友達になっていきます。

‘るる’が逝った今日、うちには沢山のお花が届けられています。ご近所の親切な方々からも、そして‘るる’を介して友達になった方からも…

当時喧嘩ばかりしていた私達を救ったのも‘るる’です。‘るる’がいなかったら離婚していたかもしれません。だから悲しんだら申し訳なく、感謝の心しか出ないのです。

しかも、この半年の私はとても学べました。仮に私が人様から愛犬が死にそうです、と聞いたとします。可哀想だねぇ~って言います。私は正直、可哀想だと思っても、どこか自分のことではない人事でした。

人のことを本気で心配してあげれたかなぁ~?この人が辛いときに俺はなにしてあげたのかなぁ~?言葉だけではなかったのかなぁ~?色々気づかされました。

でも、私達にはご近所の方々までもが、本気で心配して下さり、‘るる’に血を頂き、心温まる思いを沢山経験させて頂きました。この地に移り、温かい人の心に触れることも出来ました。

沢山の方達からもメールや、お言葉や、コメントで励ましを頂きました。心からありがとう!皆様には心から感謝致します。これも‘るる’が教えてくれました。

だから、私も人に誠心誠意な親切をしよう、と。言葉や見せ掛けでない親切をしよう、と。そんな思いを感じさせてくれた‘るる’に対して泣いていたのでは、申し訳ない!だから涙は出さないです。

‘るる’は笑っていました。逝った時にウンチとおしっこをもらしました。抱っこして拭いてあげました。その時に正面から顔を見ると笑った顔です。笑いながら逝ったのですよ!

20090816205546 これは‘るる’の二日前の画像です。笑ってるでしょ!嬉しそうです!昨日も私が夜帰宅したら立ち上がり出迎えたのですよ!

一昨日は、‘るる’の前で妻と喧嘩しました。他愛もないことで。でも就寝前に‘るる’に誤りました。ハウスに顔を入れて┐(´д`)┌

そしたら‘るる’は私の顔をペロペロといつものように優しく舐めてくれます。喧嘩してごめんね!って、心の中で言います。

‘るる’は私が大好きでした。私も大好きでした。私はいままでも沢山誤解されてきました。でも‘るる’は仮にどんな私であっても大好きだったと思うんですよねぇ~。

だから悲しくないけど、寂しいなぁ~、正直。

でも、‘るる’には私の周りをうろうろしないで、天国に行ってもらいます。私も若いときの多少の悪行を現世で清算し、思いやりを持って楽しく生き抜き、天国に無事着けたらまた必ず会います!

天国で‘るる’に

その時まで…

いざ、さらばじゃ!!

る~~る・る・る…

(‘るる’とは、北の国からの‘ほたる’がキタキツネを呼ぶ、あの声からつけました)

PS.最近、私のブログを本当に沢山の方が読んで下さっています。アクセスがとても多いのはきっと、同じような病気の方が読んで下さっていると思っています。

どうか、今回の私の記事で、お気を落とさないようにしてください。私は幸せです。恵まれていました。皆様もどうかがんばってください。私に分かることならお教えいたします。メールでもコメントでも何でもください。

私の車のHDDの一番目には何故かケツメイシがインプットされています。分からないけど、いつも何故か自然とかかるこの曲に励まされました。

「ライフイズビューティフル」聞いて下さい。私も何度助けられたか…

元気を出してね!

| | コメント (6)

展示会

20090818094734 今年も居酒屋産業展に出展しています。

本日2日目です。

| | コメント (2)

2009年8月16日 (日曜日)

夏休み最終日

20090816182147 今日はどこ行く?

動物病院です(笑)。動物病院しかありません

結局夏休み全部動物病院でした。でも‘るる’はいい子です。比較的土日や休みを狙って具合が悪くなってくれます。平日だったら大変でした。

昨日書かないって言ったけど、やっぱり書きますね(笑)。

最近は夜が遅かったので、あまりテレビを見ませんでした。この休みは、テレビを見る機会にも恵まれました。

倉本聰さんが出ていました。芝居をやっているらしいです。英霊が現代の日本に戻ってくる様な芝居らしいです。

過去にもこのような芝居があったらしく、それは戦後10年の時で、そのときの内容は英霊達がホッとすると言う内容だったらしいのです。

戦後60数年、今の日本を英霊達が見たらどう思うか?自分達はこんな日本にするために、戦争で死んでいったのではないと嘆く、そんな内容らしいです。

まさにです。ピンクハウスであぶりとか言ってる場合じゃないです。狂ってる。もういいよ、芸能人なんてどうでも。

いい国にするため、自分には何ができるか?自分に与えられているものは何か?流れに素直に従い、それぞれが真剣に生きなければ。

NHKも面白かったです。今まで語り合わなかったタブーの討論です。それは核兵器に関してです。

今の日本は議論しなければいけないことかもしれないです。今まではアメリカの核の傘のなかで守られていました。

今の日本は、冷戦構造が崩壊し、アメリカにとっては軍事基地としての戦略的な地理的メリットはなくなっています。かろうじて北朝鮮の存在での価値はありそうです。

そろそろ自分の身は自分で守る事の論議が真剣に交わされなければおかしいと思っていました。それは核兵器の保持を含めてのことです。

オバマは核兵器のない世界を目指すと公言しています。でも最後まで保持するのは当然アメリカです。自らが先に放棄はしませんよね。できないです。

北朝鮮が核兵器を作りました。自暴自棄になり日本に核兵器を打ち込んだとします。日本はなされるがままか?

なされる前に、核抑止力も必要かもしれない、とタブーなことを私も考えていたことがあります。

なにより日本の保持が、世界的放棄につなげる手段かも知れないとも思っていました。技術は当然あり、きっと世界1です。

保持して世界的なインパクトを与えると、当然日本の場合、周辺諸国から放棄を迫られます。そこでアメリカと共に放棄する。世界同時放棄。それ以外核のない世界にする方法はないのかも知れないとさえ考えていました。

でも本当は大切なことを忘れていました。例えば、唯一の被爆国である日本の広島、長崎の人達。この方達の意見は全員が、NO MOREです。

核で核を抑止させる、核で核を放棄させる、強い武器が相手を屈服させる、はすべて仕返しの論理に共通します。

幕末になぜ日本はイギリスやフランスの属国にならなかったのか?武器を持たない非近代国家の日本が。

きっとそれは教養だとか、森羅万物を大切にする心とか、この民族には武器でなんか太刀打ちできないと思わせるものがあったからでしょう。

では、今の日本はどうか?私の間違いの様に核や軍事の強化で国を守る考えは、国が荒廃しているから、野蛮な方法にしか頼れないのかもしれない。

古来からの日本的日本を取り戻し、日本発の影響を全世界に浸透させれば、兵器などいらない世界になるのではないか?

アメリカとは異なる指導力は、日本が日本を取り戻したときに、日本が発揮するのではなかろうか?

英霊達が納得して安心できるような国家作りに、自分が与えられた役割を全うしなければならない。今はそう考える。

| | コメント (2)

2009年8月15日 (土曜日)

8月15日

20090815130115 毎年、今日は思想じみた事を書いていますが、今年は書きません。

終戦記念日。また、お盆なのに里帰りも、お墓参りもしていません。

‘るる’はお昼頃に元気がなくなりました。早速、動物病院で昨日の残りの血を輸血です。

一旦病院に預けて帰ってから、そんな理由で気持ちばかり神社へお参りに行きました。

で、お腹すいたねぇ~って。隣りに焼肉屋さんが出来ていました。肉かぁ~?焼肉は2年振りです。妻が病気に罹ってから(今はもう既に完治)なるべく肉は食べない様にしています。

しかも、‘るる’に悪いなぁ~って。

20090815134711 でも結局入りました。

「‘るる’には毎日霜降り肉をあげてるからいいんじゃな~い」って。妻の一言で。。。

| | コメント (2)

2009年8月14日 (金曜日)

夏休み2日目

20090814092431 昨日、点滴をして家に連れて帰ってからの‘るる’はゾンビの本領を発揮していました。( ´,_ゝ`)

で、今朝。今日は大丈夫だろぉ~、と思い朝一で海に波乗りに行ってしまいました。そんで、その後は仕事でもすんべぇ~、と。

海から帰ると昨夜とは一転し‘るる’はまた死にそうでした。

で、朝から輸血です。妻がベルを拉致してきました。ゴメンね、2度もありがとう、ベル!

20090814103744 下が血をくれたひと、上が血をもらうひと。

今日も日中‘るる’は動物病院でした。また元気になってほしいなぁ~、と。

預けてから、不義理をしている有名らーめん店へ。毎年、その社長と妻の合同誕生祝いをしています。今年は出来ませんでした。挨拶もしていません。7月が誕生日なのに、今日、今頃プレゼントの「五人娘」をお届けし、つけ麺を食べてきました。

不義理お許しください。でもそれにしても、ここのラーメンは美味い!

20090814193731 で、夜にお迎えご帰宅。

ゾンビでしょ~!w(゚o゚)w 最高です、るる。

動物病院にいると、色んな病気のワンちゃんがいます。飼い主さんも色々な方がいます。今日も癌が判明したと思われる方がいました。

奥さんは泣いていました。旦那さんは会社を数日休む連絡を入れていました。先日は、ご近所のご年配のご夫婦の15歳のワンちゃんが逝きました。

その方は孫より、愛犬の方が可愛いとおっしゃっていました。本当に心から気持ちが分かります。私も正直、‘るる’は中学2年生の娘と一緒です。人間の娘がいたとしても一緒だと思います。

でも私はチョッと人より強いかも?分からないけど。もしかしたら、それはきっと仕事等で、考えられないような色んな経験をしてきたからかなぁ~?

それでも、Xデーを考えるとチョッと辛いので、今この瞬間の幸せを常に考えています。夜の動物病院は、同じようにみんな戦っています。みんながんばれ!

| | コメント (2)

2009年8月13日 (木曜日)

夏休み

20090813182304 と言ったらバカンスです。FCCは今日から夏休みです。

当然?私達家族も車に乗ってバカンスです。

行き先はおよそ5分の辻堂犬猫病院(笑)わはは…

リーフも連れて行きます。輸血後の月曜日は点滴しても元気が戻らなかった‘るる’ですが、そこはゾンビ。昨日、一昨日は仔犬の様にはしゃいでいました。嘘みたいですよ!ほんと。

で、今日。朝から元気がなくなり点滴開始。で、夜お迎え。まさにバカンスです┐(´д`)┌ヤレヤレ

でもどんなバカンスより、家族みんな一緒にいれる事が一番ですけどね

今日と言うすばらしい1日に感謝です。

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水曜日)

神社

20090714111409 寒川神社です。

最近、仕事の合間?ついで?に神社に行っています。お恥ずかしい話し、こんな近くにいて寒川神社は初めてなのです。

平日でしたので、すごく静かで、神聖で、気持ちが落ち着く素敵な場所でした。

20090715122736 こちらはご存知、鎌倉は鶴岡八幡宮です。やはり鎌倉でも人気のスポットですので、人はいつでも多いです。

私は参道の入り口のパーキングに車を止めて、長い参道を歩いて御参りに行きます。

20090727124007 こちらは氏神様、鵠沼稲荷神社です。いつもお参りしています。

ところで神社って、‘お願い’をしに行くところではないって知っていましたか?

では何をするかと言うと、‘感謝’です。感謝の気持ちをお伝えに行くところなんです。

私も‘るる’がまだ生かさせていただいていることや、家族が健康でいることを感謝しています。

そしてこのご時勢でも、会社もそこそこ順調で、忙しく働かさせていただいている事にも感謝です。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日曜日)

週末日記と本の話し②

先日も書きましたが、最近は色々と不義理をはたらいています。申し訳ありません。落ち着いたら義理は果たそうと考えています。

本来、この週末は岐阜の飛騨高山にいる予定でした。楽しみにしていました。同友会の支部例会の太陽の家ツアーです。支部長でありながら欠席しました。申し訳ありません。

私にとっては、家族である愛犬のことが心配で行けませんでした。案の定、土曜日はまた死にそうになりました。妻だけでは、判断を含めて頼りになりません。

行かなくて良かった。また輸血をしてもらいました。朝からです。朝一に病院に連れて行き、夕方お迎えです。とても不謹慎ではありますが、波が非常に高く… 我慢できず…

迎えに行くまでの間やりました。波乗り。やっぱり罰が当たったのか、‘るる’を迎えに行くも今回は元気を回復しません。ご飯も食べません。

で、翌日です。るるはゾンビです。元気いっぱいになりました。病院の先生がみたらビックリすると思います。で、私も調子に乗って、朝からまたサーフィンです。

Hi3e0107 帰ってからは昼からビールです。‘るる’もベーってやってます。

夕方はチャリに乗せて近所を散歩しました。夕飯も完食です。今回のこの元気は、長く続くことを期待しています。

続いて本の話しですが、私は他人が薦めて下さる本は大概読みます。何故かと言うと、それは無償の親切だからです。薦めてくれた人には、なんにも得はなく、そこには相手を思ういい波動があるからです。

今回の本はあるトップコンサルが、FAXレターで紹介していた本です。それがこれです。

20090721072841 男が読んでも頷けると書いてありました。妻とODJMさんに貸してあげようと思い、私も読みます。

で、読み終わりました。いちいち頷けました(笑)。乙女と言うか、人としてどうか?が書いてあります。

その中で2つだけ紹介しますね。とても良いフレーズです。

「人間らしさとは、‘優しさ’であり‘色気’。相手の立場や心の中を思いやり、相手の身になって考えることができる、想像力を持っていること。相手に恥をかかせないように、気配りができること。」

社会での人間関係って、俺が、私が立場が上とか、自分の高い位置を相手に知らしめたり、優越感を自分に持たせようとしたりします。拙い社会経験ですが、どの世界に行ってもそうです。

でも小さいなぁ!そんなの。人間力って、そういうことだと思いました。

つぎに「容姿容貌年齢性別国籍肩書き、それらをすべて忘れる。その人の心がキレイかどうか。これが人を見る目安になる。」

人を誹謗したり、意地悪な人間とは、喧嘩はする必要はないけど適当にやればいいし、心のキレイな人とこれからの人生も過ごしていきたいと私も思います。

容姿容貌年齢性別国籍肩書きなんてまったく関係ないね。

| | コメント (2)

2009年8月 6日 (木曜日)

本の話し① ~今なぜかこの人~

20090630083104 松下幸之助です。松下政経塾の現塾長と元塾長が書いた本です。

若い頃、松下幸之助の書籍は結構読みました。経営の神様と呼ばれていました。今、松下幸之助に関する書籍を読むと当時と感じ方がかなり違います。

経営だけでなくて、本当の神様になったのではないか?と思うくらいです。 「まず、素直な心になること、そしてもう一つは、感謝や」って。

「素直」とは、人の言う事を「はいはい」と言う意味ではなく、天地自然の法則に従順であることを言われています。

目に見えない力は、正しい姿であれば、正しい働く。経営は正しい姿であれば、必ず成功する、と。

サービスは慈悲心から出ている。慈悲心を欠いたサービスというものは、つけ足しでほんとうに人の心を動かすことはできない、と。

宇宙根源の心理。これに素直に従う。目に見えない力に素直に従いなさい、と。現代の賢者達が言われている事を、当然かもしれませんが、それ以前におっしゃっていました。

若い頃の私は、読んでいても、そこらには感動もしなければ、気づきもしませんでした。一番大切な事は‘感謝’です。でもほんとうはもっと大切なことが、ここで言う‘素直’です。

今、政治の記事を読んでいてもうんざりする事が多いです。それはなぜか?政権争いに終始しているからです。心から国や国民を、そして今は世界をも考える気持ちがあるのか?まったく感じません。

民主党が国民受けするマニュフェストを出す。すると自民党も受け狙いのマニュフェストを出す。財源なんて考えていない。政権を取ったら、確保できたら、政治家得意の逃げ切りです。

もう見えています。言うのは簡単。高速無料にします。教育費無料にします。で、だれか肩代わりしてって。やぁ~だよって。じゃ~止めちゃおっかって。バカな国民、適当言ってりゃ分かんねぇ~しって。

先日辞任表明した横浜市長の中田宏氏の公式サイトを見たことがありますか?私は支持できます。

国を変えるのは松下政経塾出身者ではないか?って気がします。イズムが浸透しています。政治家には、経営者には、と言う。

これらの本を読んで松下イズムとは何かを感じました。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日曜日)

知恵熱

昨日の朝は家庭のお掃除力です。その後、昼食時に急に体が寒くなりました。発熱です。体は丈夫ですが、気持ちのキャパが溢れると、発熱します。

過去にも何回かありますので、女房にもしばらく休めば治るから、と布団を沢山かぶり寝ました。2時半に熱は下がりました。ですが、昨日は半日寝ていました。大道塾の稽古も休みました。

先週の事に触れます。ちょっと長くなるかも知れません。

20090731193810 会社です。金曜日は2人の送別会でした。まずはここから。1人は入社3週間です。いい子が入ったのですが、ダストに対するアレルギーが判明。致し方ないです。

もう1人は入社6年。現在は有給を消化させています。彼は当社の一番大変だった時期を支えてくれた一人です。その意味では感謝しています。

彼は自分に責任をとって、辞表を提出しました。過去に同じ様な失敗で5回始末書を取っています。それでも1年半前に同じ理由で辞表が出たときに、忘年会で皆の前で引き留めました。

今回は、残念ながら引き止める理由が見つかりませんでした。当社でなければ間違いなく懲戒免職です。社員にはしっかり伝えなければいけないとの思いです。言葉でも言いました。

送別会での社員の餞別の言葉は、在職中には散々私に個人的にクレームを伝えていた人間までもが、賛辞をまくし立てます。

辞める本人は、自分は惜しまれて辞めていくと思うでしょう。退職する人間だから良い言葉を送りたい気持ちは充分理解できます。

そう言う良い所もあるけど、ここは迷惑を掛けられました。恨んではいません。でもこれからは直さないと、また同じ結果になります、と伝えるのが本当の思いやりです。

もう分かれる人間だから、適当に賛辞を送ってシャンシャンシャンっていう風にしか感じられませんでした。妻と1人を除いて。本当のハートっつうのがあんのかなぁ~って、少し残念です。

その彼は家庭にもトラブルを抱えているらしく、奥様からは頻繁にご連絡が来ます。本音で対応させて頂いています。

で、募集計画です。先週手配をしました。今日、応募を掛けています。7月の売上げですが、昨対を割ってしまいました。

でも若い営業の彼らはガンバっています。利益計上は出来ています。昨対割れは彼らの責任ではありません。傷が大きくなる前に大企業との取引きを見直さなければなりません。

そして交通事故。トメがまたやらかしました。原因はここでは述べられません。絶対やっちゃいけない事です。たぶん私生活から乱れている。

また別の人間から軽い不正も発覚。これは誰しもがやらかすことかも知れません。管理にも責任があります。だから今回はお咎めはなしです。しかし信用を取り戻すには1年はかかります。

それとは別に集金したお金の紛失。サブリーダーです。1万円足りないんですよって。知らねぇーよ!って。いい年して。

当然集金は確認して頂き、金庫に入れるまでは自己管理。紛失したらその間に一緒にいた奴まで嫌な気分になる。ガキじゃねぇ~し。

プライベートです。25日退院した‘るる’ですが、先週の水曜日、支部長交流会が終わり、会社に戻り社員のトラブル処理をしていると、妻から連絡が入ります。

動物病院にいます。折角手術をしたにもかかわらず、また血が抜けてしまいました。今度は今までにない位にダラダラです。血圧が急激に落っこちてしまいました。

私は‘るる’に関しては比較的冷静に対処できていますし、一喜一憂していません。が、妻が。た~いへんです。相当面倒くさいです。

本当は気持ちは痛いほど分かります。この日は、先生からも覚悟を決めてください、と言われました。一緒にいてあげてください、と連れて帰ります。

連れて帰っても。妻は一晩中泣きっぱです。でも泣いてもどうにもならない。次の朝は半日会社を休み、私が‘るる’を病院に連れて行きました。点滴をしました。

金曜日も仕事の合間を見つけて私が連れて行きました。すると、輸血が必要ないくらいに血液量が回復していました。

20090802094503 で、いまでっせぇ。これです。歩き回っちゃってますよ(^-^;

すご過ぎませんか??‘るる’の生命力には私も脱帽です。‘るる’すまん!私も水曜日は諦めてた。ちなみに当直の先生も諦めていました(笑)。

20090802094815 で、昨日。今度はリーフのお目目が開きません。左目です。妻にお願いしました。傷が付いていました。

軽くてよかった!目薬を付けて、ご覧の通りです。

同友会の活動は昨日お話しした通りです。色んなことが舞い込んできた1週間でした。きっと今が修行です。笑って乗り越えます。

Hi3e0081 ‘るる’とリーフ、一緒にハウスに入れてみたら、笑っています。嬉しそうです。

心のキャパの過剰は寝て回復しました。今日は雨の中、妻と海をウォーキングしました。雨でも気分が良い!

その後、また寝てブログ書いています。疲れたら寝るに限ります。疲れは全て解消です。

20090802112246 これが、雨の湘南の画像です。夏の雨の湘南はこんなに静かです。

もう一枚‘るる’の笑顔をプレゼントします。やっぱりパパの腕の中でしょ~!

Hi3e0082

| | コメント (4)

2009年8月 1日 (土曜日)

必要な会社

今週は同友会の活動も忙しかったです。商工会議所での出張例会の打合せ、報告者との打合せ、支部長交流会、そして福祉部会との合同例会。

中小企業家同友会では大役を仰せつかっています。使命感だけでやっています。

明日から辞めていいですよって言われたら、どこかの居酒屋ではありませんが、「ハイ喜んで!」って間違いなく言います(笑)。

でも今、実際にはとても自分の為にもなっているんです。今週もすべてが勉強になりました。

こんな事が分かりました。もしも大宇宙の法則があるならば、きっとなくてはならない会社は淘汰されないのだろう。

それは雇用でかもしれないし、社員の教育でかもしれないし、実際の業務でかもしれない。この会社がなくなると社会が困ると言う会社が、立派に繁栄するのかもしれない。

良い会社、正しい会社には、良い結果に、正しい結果に作用する。木曜日の日本理化学工業の大山会長のこの言葉が印象的です。意味はここでは解説しません。

「障がい者は恵比寿様」

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »