« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土曜日)

論語

特別に勉強している訳ではありませんが、人間学の本や雑誌に必ず出てきます。論語はとても為になります。中でもこの言葉を社員に送りたい。

‘子曰わく、人にして信なくんば、其の可なることを知らざるなり。大車輗(ゲイ)なく小車軏(ゲツ)なくんば、其れ何を以てかこれを行(や)らんや。’

この意味は、信用ない人間は絶対に人生で成功はしない。この大切な信用を得るためには、人を騙したり、裏切ったりはもちろん論外だけれども、日頃から待ち合わせの時間を必ず守るなど、小さなことの積み重ねが大切だと言っているらしいです。

今の若い人達は、ゆとり教育とか、歪んだ個人主義とか、過保護とかで、本当に大切なことが理解されないで成人になっています。また言う人間もいない。打算とか横着とか口先逃れとか、心を感じないことが多いです。

きっとみんなそうです。我々の世代にも当然います。でも本当は‘心’は持っている。DNAは生きています。出していないだけです。出す必要を感じていないだけです。それよりも目先の利益に価値が優先されます。

だから本当の価値を学ぶ必要があります!昔の人が当たり前だったこと。私ももっと学びます。そして学んだら伝えます。身近な社員が良くなればいい。そしてみんなが良くなればもっといい。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金曜日)

FCC社員ブログの話し

8月17日のODJMさんのブログはいいなぁ~ http://fcc-odjm.cocolog-nifty.com/blog/

彼女は昨年の新卒社員です。1年半ですが、だんだん変わって来ています。嬉しいです。始めはパソコンやアニメ等バーチャルだけを相手にしている様な印象がありました。

でも今は一人旅なんかして、人との触れ合いや繋がりの大切さを感じています。食事も一人でカウンターに座って、おばんざいを食べたらしいのです。しかも店長と色々喋りながら食べたらしい。

知らない土地で大したもんです。前は絶対そんなタイプじゃなかった。さすがです!私なんか元々が内弁慶の引っ込み思案だから、喋んないもんねぇ~

ODJMさんはすごい。ますますの成長を楽しみにしています。でも甘やかさないけどね…

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火曜日)

高山へ

先週の金曜日の夜から日曜日まで、湘南支部の例会で岐阜の高山へ行きました。

Photo

株式会社小林住宅工業さんの太陽の家にお世話になりました。

Photo_3

こんな所にあります。

Photo_4

周りはこんな感じです。

Photo_5

銚子の滝でマイナスイオンを浴びたり、パワーを貰ったり…

Photo_6

鍾乳洞でひんやりしたり…

Photo_7

古い町並みを観たり…

Photo_8

陣屋に行ったり…

Photo_9

でもこれが最高だったり(トマト)…

Photo_10

とうもろこしだったり…

Photo_11

生でそのままガブリ!甘ぁ~い

行って良かったです。最高でした。今日は多くは語りません。また更に生き方を見直しました。。。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金曜日)

考えた事と確認した事

15日は龍馬伝からずっーとNHKを見ていました。とても考えさせられました。まず「15歳の志願兵」と言うドラマについて。内容は省きます。

全体主義・集団主義の恐ろしさを確認できました。分かりづらいとは思いますが、私的には「正しき上にも正しき」の本当の罪、「頑張る」の無意味を理解できました。感謝です。

違う事を言えない空気。これが陸軍を中心とした戦争突入の象徴です。そんな事はまったく意識もせず、私は天邪鬼だからかも知れませんが、なんか皆が同じ事言ってたり、数でもって何かを求めていたりすると、そこから逃げたくなります。   

日本の和の精神は、誤った思想の指導者に対しても、上手く纏まり、それに同調する所が危ない気がします。先日も書いた様に、今後は絶対に愛国心が必要になります。  

但し、二度と間違いを起さないシステムが必要です。シビリアンコントロール?でもヒトラーも文民ですからねぇ~   

それから会社でも集まりでもなんでもそうですが、上に立つ人間は決して間違ってはいけないです。公平さとバランスと見極められる力がないと、下の人間は不幸になると思います。 

私の天邪鬼は、ジャッジメントとか、約束とか、言ってみればルールや法を数で破ろうとする組織からはそっと逃れます。そんなら一人の方がいいし、とか思います。  

団体にいる時は、その団体がすべてになります。イジメられっ子がそこから離れられないのは、その世界がすべてだからです。でも離れると違う世界は無限にあることを知る。  

戦争しようぜ、って。仕事の話しですよ。社長が言ったら、同業者とはライバル関係を築きまくって、争いあって競争意識丸出しになるに決まってます。だから上に立つ人間は勉強しなければ罪なんです。  

それからその後、HYの「僕らが伝えなきゃ」と言うドキュメントをやっていました。Whistleと言うアルバムの12番目の曲(最後の曲)です。何回も聴いています。

若い彼らが、戦争体験を祖父母から聞いて考える事はとても良い!そして自分たちが学んだ事を、同じ若者に伝えるメッセージも最高です。また尚更彼らのファンになった。              

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木曜日)

命日

20090329223757

早いものでもう一年です。昨年の今日‘るる’は逝きました。本音は、また会いたいですねぇ~

よく愛犬が逝くと、それから時々愛犬の気配をを感じると言いますね。でもうちでは全くありませんでした。たまには感じたいくらいです。たぶん未練なく逝ったんだろうなぁ~、とか。

そんな‘るる’ですが、お盆の15日の朝方、妻も私もそれぞれ別々の不思議体験をしています。奴め、遊びに来てたなぁ~ ありがとう

話しは変わり、先回みたいな記事を書くと必ずコンサル系みたいな方から、名前もなく過去の関連記事も読まずに、適当なメールとかコメントが来ます。

今回もありました。最近は本当に沢山の方が読んで下さっているので、中傷は一々相手にもしていませんでしたが、たまには伝えないと。しかも私は社員を心から愛していますしね。

そして今の当社の社員定着はどんな優秀な会社より上です。辞めていく社員は1ヶ月から1年で辞めます。良いことです。でもそんな奴らにも色々伝えます。定着社員の大方は、当社を愛していると思います。

若い人達は誰からも教育されないで、甘やかされて育っています。学校でもやりたい放題、自宅に戻れば部屋にこもり、コミュニケーションはチャットやSNS、メール、ツイッター…だけ。そんでバーチャル。

心がないんだ。ないのではない、出さなくて済んでいた。このブログも申し訳ないのですが、社員も読んでいるので、実際の教育のサポートとして日々利用しています。

特にうちの社員は真っ白と言うか‘無’から来ます。彼らの為にしっかり教育します。みんな甘いんだ、って話しです。当社に来てもらえば分かります。社会にはある程度の規律によって生むものがあることを…

私は先輩達や師と呼べる人から沢山教えて頂いた。人にはそれぞれ役割があって、能力もそれぞれ違うものを持っていることを。それを開花させるまでに一生懸命になる心とか、物に向かい合う思いとかが最低必要です。

私はめちゃくちゃポジティブです。彼らの‘人’を最大限生かせる為に、一生懸命あの手この手で伝えたり、教育したりしています。楽しくてしょうがありません。FCCには輝かしい未来しかありません。

(すみません!よくよく考えましたら、先輩経営者が親切心で送って下さった可能性があります。そうであったなら生意気な発言をお許し下さい。ただ私も以前とは異なり、考え方も変化しております。ブログに社員の事を書くにも相当考えて、教育の一環として書いております。またご想像とは異なり、会社は全社一体感や一丸となった良い社風になっております。しかしながら、社員を生かすのと甘いのは違うとの思いから、躾教育は学校やご両親に成り代わってやっております。ありがとうございました。8月20日深澤)

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水曜日)

今年も始まりました。

日曜日で夏休みも終わり、昨日からは居酒屋産業展です。今年はビックサイトで~す。

20100817105727

去年は壁に貼ったものが全部落ちていて、朝からレイアウトやり直して汗だくでした。作った仕事は見に来なければ細かな理由は分かりません。それが仕事の使命感です。どんな仕事も一緒。

今年は…

別のことでもう一度やり直し、結局汗だくです

休み明けの一昨日も昨日もいろいろありました。確実に分かったことは、私がいなければFCCは半年で潰れるってことです。社員育成に励まなければなりません。痛感です。

1人2人のことを言っているのではなく、まだまだ甘ちゃんです。‘軽い’です。社員主体の運営の為に仕組みを色々作り、私が実務を外れる計画で、それを実行しています。

仕組みを作っても、それを果たす意識や期日順守の気持ちがなければ無理ですねぇ~。決まって「すみませんでした」って言います。その言葉より、実行するだけです。

忘れていたり、気持ちがないだけです。やったとしても‘ただやっているだけ’です。なにも考えないで、「やりました」って言う。ない頭使えって言うんだ。思いがなさ過ぎで「軽い」です。

社員の軽さは、小さな約束反故で分かります。多分うちだけではありませんよ!約束は契約です。男の約束も契約です。期日も契約です。分かりましたって言うのも人と人との契約です。

契約を果たせない理由があれば、それを事前に破棄させてもらいたい要請をする。これこれこのような理由があり、その期日までに出来そうもありません、って。

小さな約束を守らない風土が『軽さ』に繋がっています。恐い(?)私にこれなんだから、もっと大切なお客様にも、私が分からなければ、もっともっと軽い行動をとっている筈です。

「軽さ」を排除するために、嘘は付かせません。人との小さな約束を遵守させます。ひいては‘社風づくり’を全うさせます。‘社風づくり’これが一番大切です。全て出来ればFCCです。

残念ながらまだ当社には一人もFCCの社員はいません。事業領域を広げようとしていますが、私が疲れるだけです。だから今はFCCの社員育成に全力で楽しみます。

| | コメント (2)

2010年8月15日 (日曜日)

今年の終戦記念日に

今日は両親と食事をしました。ところで、昨年の終戦記念日の翌日に記事にした倉本聰さんの芝居のドラマ版を、昨日TBSで放映していたので、それを見ました。

とても良いドラマでした。色々な意見があります。でも戦争で散った英霊達は、運命によって国の為に亡くなった犠牲者です。国として弔い、敬わなければ彼らは浮かばれません。そして現代の平和に心から感謝が必要です。

戦争は絶対に反対です!でも国としての名誉は回復する必要があります。国の為に死んでいった沢山の英霊達の為にも、しっかりとした歴史認識は持つ必要があります。

終戦記念日には毎年こんなことを書いています。今年も書きます。先の大戦は日本の侵略戦争だったのか?満州侵略など存在しない、と言う意見があります。

満州国は辛亥革命という独立運動を起こされてしまった清朝皇帝が、日本の公使館に逃げ込み、満州に国を建てたいと言う懇願を日本が助けました。リットン報告書にも明確に「侵略戦争とはいえない」と書いてあります。

東京裁判は、戦勝国による敗戦国イジメと同じです。なんでもありです。だって裁判官は戦勝国からしか出ていないのです。戦争に勝った国の正義の主張でしかない。

人の殺し合いにどちらが正しくて、どちらが間違っているなんてありえない。渡辺昇一さんなんかも言っています。「もし中立国だけで裁いたのであれば、アメリカやソ連の方がもっと厳しく裁かれたはずである」、と。

東京大空襲では、一晩に10万人が死んでいます。ナチスがアウシュビッツで10万人虐殺するのだって何ヶ月かの歳月が必要でした。また、原爆は終戦を即すために投下したと言う。

本当に必要があったのか?黄色人種への差別はなかったのか?原爆テストをしただけではないのか?民間人を含めた大量虐殺ではないか?これは罪ではないのか???

だから東京裁判は、こんなもんだと思います。なにが言いたいのかと言うと、恨みごとを言っているのではなく、今こそ呪縛を解き放たねばならないのです。自虐史観を改めなければいけないのです。

東京裁判後、GHQは「神道指令」によって、日本から日本人の精神を奪った。そして「教育改革」によって日本人から歴史を奪ったのです。それはなぜか?

マッカーサーもアメリカ太平洋艦隊司令長官も、こんな天然資源もない国が、なぜ我々の様な超大国を相手に互角以上の戦いが出来たのかを考えた。その答えは「日本の精神」にあったのです。

アメリカの小学校では毎日、自国に忠誠を誓う文句を唱えさせているらしいです。国にとってこれが一番重要であることは当然承知の事実です。

日本を二度と立ち上がれない腑抜けな国にするには、自国を讃え忠誠を誓う行為を、徹底的に排除すればいい。そして日本は悪い国と教えればいい。

日本国内で日本の国民でありながら、反日教育を行わされていた。日の丸を掲揚させない。君が代を歌わせない。国歌を拒否する教育がどこの国にあると言うのだろうか??

アメリカと言う国は嫌いではないです。アメリカ人も好きです。戦争をしたから政策上仕方ない部分もある。でも65年、そろそろ気が付かないと手遅れになる。気が付かない我々がいけないんだ。

情けない若者達も多い。秋葉系とかなんなんだ!草食系ってなんだ!バーチャルリアリティーってなんだ!平和ボケした体たらくだ。今の教育を根本から変える。歴史をしっかり学ぶ。この2つしかないです。

いかなる理由があっても、戦争と言う過ちは繰り返してはならない。平和を持続する。日本人は古来から‘和’の精神です。その上で自国に誇りを取り戻す。

日本人としてのDNAを呼び起こし、古来から伝承する日本人としての精神を回帰する。祖先や英霊を敬い、今ある平和に感謝をしつつ、私達大人がする役目は今これしかないです。

| | コメント (2)

2010年8月14日 (土曜日)

お盆に

出てました

Photo

しょこたんと(笑) 

Photo_2

目をつぶった画像でゴメン  悪気はありません

ゴールドマウンテン。一攫千金。つんく始めパネラーの評価はまぁまぁの‘富士山’でした。一億はいけるだろう、と。さすがです。

そろそろ‘のりカップ御殿’が建つ頃です。 彼は海が嫌いと言っていましたので、丘の上に建つ白亜の豪邸を勝手にイメージしています。

でも彼に似合うかって言うと… 微妙です(笑)。 海嫌いな彼は、何故か今は久里浜に住んでいるにはいる。どういう訳か、かなり海の近くです(笑)。 

冗談はさておき、この‘のりカップ’は本当に良い商品です。なにより捨てなくて済むエコなのが最高です!3倍高くても買う価値は絶対にあります。応援しています。

話しは変わり、お盆なので‘るる’が戻ってきている筈です。お花を飾り、大好きな卵焼きとおはぎを供え、お盆バージョンにしてあります。

20100814112432

| | コメント (4)

2010年8月11日 (水曜日)

とんでもないカミングアウトと今だから思う違和感

私はとんでもない奴で、20代や30代前半までタバコのポイ捨てとか、小さなゴミの投げ捨てとかやっていました。そんな私がブログでも会社でもエコとか環境とか言ってます。

当社の社員は私を含めて40代が3人で、残りは全て20代と30代です。そんな彼らの環境意識は素晴らしいです。エコアクションも私はノータッチで、彼らが中心になって取得申請しています。

私の彼らの年ではあり得ないことです。本当にどうもすんませんm(_ _)m 私はいろいろ勉強して40を過ぎてから、相当チェンジしました。エコ意識もそれからです。

そんな私が言うのもなんですが、一歩意識を進めると、ひと事にしないってことです。どう言う事かって言うと、環境を皆さんで考えましょう、みんなでゴミ拾いをしましょう、って素晴らしいことです。

元々はろくでもない(笑)社員達が、こう言う意識をみんな持っていることが、FCCの素晴らしさなんです。他社にはない部分だと自負しています。 でも、次なるステップはこうです。

「町にゴミが落ちていました。皆さん捨てない意識を持ちましょう。」  ではなく、「町にゴミが落ちていました。微力ですが、私も時間があったので少し拾いました。」が正解です。

「ビンのガラスが沢山落ちています。子供やワンちゃんが怪我するので、気をつけましょう。」ではなくて、それに気が付いたなら、他人の子供やワンちゃんが怪我しないように自ら拾いましょう。

こっちですよ。心がけは行動で示す。その輪が大きくなれば、エコ意識がもっと広がります。評論家は必要ないかもしれません。でも、出来ないときもあるよね。

忙しいとか、時間がないとか、体調が悪いとか、そんな時はいいんです。 書きながら、今思い出しました!私はそんな理由もなく出来なくて、恥ずかしい思いをしたことがあります。

数年前、会社の前の駐車場に沢山紙のゴミが落ちていました。派遣さんが「何でこんなゴミが落ちてるんやぁ~」って、文句を言いながら、両手にそのゴミを持って出社してきました。

私は、あっ!って思いました。俺も気が付いてた筈だよなぁ~って。恥ずかしくなりました。彼女は文句言いながらも拾っている。彼女の方がエライって思いました。気持ちより行動の方が上です。

最近当社では、月曜日に近隣清掃をしています。しながら、ゴミより雑草の方が酷いよなぁ~って感じました。普通は行政を待つか、地自体の活動を待ちます。

やればいいんじゃないの。自分達で。社員に示し、で、やりました。通行人はきっと市の職員かなんかだと思った筈です。いいんです。社員みんなが感じた筈です。‘綺麗になったなぁ~’って。

浜見山から次の信号までの雑草を取りました。本業で汗だくになるのに、その前に既に汗だくです。でも社員の心も、流した汗に比例してもっと綺麗になった筈です。

20100810072718

15袋はあります。。。

| | コメント (2)

2010年8月 9日 (月曜日)

モチベーション

新卒社員が2人とも退職しています(゚ー゚;。変わりに入れた若手の第二新卒も退職しました。しかも3人とも1ヶ月で辞めていきました。

まぁ~若手だし、真っ白だろうし、ってあまり選考もせずに入れています。入ってもらってからしっかり教育しようと。ところが…    これです。

まぁ~若いし、まだまだこれからなので、心から頑張ってもらいたい。でも、私の別の心は、「なんなんだこいつ等!」って言うのもあります。だから来年の新卒は相当選考しました。弊社の祝日は出勤です。

3人の内2人は祝日前の日曜の夜に連絡があり、明日から行きたくありません、って。甘いんだよ!本人のみならず親が。言い訳の屁理屈はみんな立派です。本当に弊社が合わないんだったら、その位分かります。

でも違う。小学生並みの精神です。解決は簡単に出来ます。親が「あんたらもう二十歳過ぎてんだから出て行きな!」って言えばいい。ついでに「なりたければ浮浪者になりな」って言う。

「私達はもう充分面倒を見た。義務教育以上の教育費を払ってきた。これ以上の金銭的面倒は一切見ないから、自分で稼いで生きていきな!」って、なんで言えないの?

ニートなんて、日本中の親が家から追い出せば一人も居なくなるんですよ!ホンとですよ。なりたけりゃ浮浪者になればいい。でも浮浪者は浮浪者で大変です。世の中舐めんなよ、って。

今、弊社に居る若手には、当たり前のことを当たり前に言って、鍛えて(?)います。別に厳しいことはしていません。当然中の当然のことです。でもまぁ~いろいろありますね。私的にこれが楽しくもありますが。

例えば、月曜の朝は元気に出社しなよ、って言います。土日、海に行って真っ黒い顔して、月曜の朝元気がなかったりすると、お前の本業はなんなんだ!って言います。

若い人はねぇ土日沢山遊びます。もっと遊びたいよね。分かります。私なんか平日も毎晩遊んでましたから。でもガキじゃないんだから、月曜はきっちり切り替えろって話しです。

月曜日から具合が悪いんです、ってあります。たまにはしょうがないよ。理由は土日相当遊んだり、家庭や友達で悩みがあったりします。色々あります。そんなことホントは知ってます。若いんだし、いつか気が付けばいい。

でも何がしょうがなくないか、って言うと、周りに迷惑を掛ける…暗い顔が、低いテンションが。みんなのために高いモチベーションで、笑顔でがんばる。で、後から「本当は具合が悪いんです」

って言われたら、私間違いなく「よく頑張ったねぇ~」って褒めます。人間だから風邪もひくし、具合が悪くなるときもあります。そんな時はみんなでフォローしましょう。

でも、具合の悪そうな低いテンションに‘よしよし’って、注目されるのは小学生までだ。大人になりましょう。GO君なんて2年目くらいまでホンとにヨワッチョロくて、弱音ばっか吐いてました。

‘知るか’って(笑)言ってました。チョッと酷いんだけど「弱音は吐いても労わんねぇ~ぞ!自分の足で立て」とか言って。「子供は具合悪そうに演出すれば、優しくされたけど、大人は仕事が溜まるだけだぞ!しかも周りに迷惑だ」とか。

で、「今日も具合が悪いんで帰らせてください」ってある時言われました。私「その仕事誰がすんの?その年でおんぶかよ?」って。「頑張ります」って言って死にそうな顔して、やり遂げて帰りました。熱を計ったら39度近くありました。

すまないって言う気持ちと、心を鬼にして良かったと言う気持ちが交錯しました。でもそれからGO君は少し強くなり、仕事の責任感も強まり、それ以降まったく休まなくなりました。

草食動物の群れを考えるとよく分かります。子供や体の弱いものが、肉食動物に襲われそうになると、みんなでサークルを作り守ったりします。

労わります。支え合います。でも負ぶさってる奴は一匹も居ません。自然界の摂理でもあります。

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日曜日)

2年振りの浜名湖

毎年8月の第一金土日で行っている浜名湖。昨年は‘るる’のことがあり、行けませんでした。2年振りです。もちろんSINさん家族と一緒です。もちろんお泊りは、クッチェッタです。http://cuccetta.com/

Photo

そして毎年本当に同じ行動パターンなんです(笑)。だからとても楽です。軽くご紹介します。初日、私は浜松のサーフスポットでサーフィンをしてから、昼にここに到着します。

Photo_2

その後、浜名湖でお犬のご遊泳です。夜はクッチェッタ特性鉄板焼きです。地魚、地肉、とても美味しいです。2日目もあっしは早起きして海です。お一人様サーフィンです。今回は結構いい波でした○

Photo_3

で、昼は鰻。。。もうここが最強です。あっしも妻もSINさんもGIKOさんも分かってしまいました。学習しました。もう他行く必要ないってことを。たぶん日本一旨いです「清水家」。 早速、戴きます!

Photo_4

で、ご馳走様!

Photo_5

またご遊泳です。‘ももじ’はほっとくとドンドン沖に行きます。父さんが静止しないと舘山寺まで行きそうな勢いです。勇ましいです。

Photo_6

逆に臆病な‘リーフ’くんはすぐに引き返します。可愛いです。

でも、なんか足りないな~  ‘るる’ですねぇ。‘るる’は一番泳ぎが上手かったです。ちょっと思い出しました(つд⊂)。でもきっと一緒に来ている筈です。

で、夕方はテニスです。いつもです。これ除くと妻が怒ります。だから毎回です。夕食は近くにあるイタ飯屋さんへ行きました。たまにはね…

Photo_7

早起きします。朝焼けが綺麗でした。朝陽に感謝です。

Photo_8

舘山寺の有名な佃煮買って帰ります。社員にも一つずつ買いました。これだけでご飯3杯いけます。 そして鰻パイの工場にも、いつもの通り寄りました。

で、無事に帰宅です。‘ももじ’も‘リーフ’も元気で、また来年も再来年もそれ以上も変わらない恒例行事にしたいです。今回もいつもの通りとても楽しかったです。。。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木曜日)

ありがたいと思ってやろうよ、って言う短い話し

暑い日が続きます。でもがんばって楽しく働きましょう!朝礼ではそう言います。車もあるでしょ、エアコンも付いてるでしょ、バスもあるでしょ、電車も乗れるでしょ。

安全できれいな水が飲めない人が世界では10億人もいます。飢えに苦しむ人も10億人います。紛争をしている地域もあります。

こんなに暑くても、どこに行ってもきれいな水が飲めます。チャンと働けばチャンと給料ももらえます。でも満たされなかった時代もあります。たった60数年前です。

今の日本は平和です。世界一幸せな国です。自分たちが不平と思っているものも、その不平と思っていることすら、分けてもらいたいと思っている人々が世界には沢山いる。

ありがたい世の中に、ありがたい国に、幸い生まれることができた。大概の事は、本当はどうって事ないことです。だから不平言うなよって。申し訳ないぞって。

残すなよって。感謝しようぜって。お金だけとか、名誉(役職)とか小さい事言うなよ。働けて、好きなことができて、楽しく生活している事が幸せです。

だから全部ありがたい

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月曜日)

週末日記+α

土曜日は朝一でサーフィンです。波があまりなかったんで久々でした。社長ブログにいつも海や波乗りのことを書くと、違和感があるかと思います。

しかし私にとってはライフスタイルで、特別のことではありません。都会に住む皆さんが、ジョギングやウォーキングをするように、普通の事なのです。用事がなければ、ずーっっと入っています。

昼からは若手社員と月一の運動をします。軟弱な若者達を鍛えています。最近のバカ者は心も体も弱いです。イジメています。毎回月曜日が楽しみです。ヨタヨタして出勤してきます。

夜は若手2人が妻の誕生日を例年の様に祝ってくれました。ありがとう  演出もなかなか憎かったです。プレゼントも私達の結婚年のワインです。調べてたんだねぇ~

20100731200108

社員からの付け届けは絶対断ります。でも奥さんの誕生日をお祝いします、って言われたら断れないですねぇ~ 普通。お金を掛けさせてしまいました。でもいつも倍くらいにして返します。

昨年も書いたけど他の社員はプレッシャーを感じる必要はまったくありません。えこ贔屓もしません。ただ、人の喜ぶことを演出出来るのって素質です。CSにも繋がるよなぁ~って思います。

私も(正確には私達も)社員の誕生日には、必ずプレゼントを贈ります。結婚している社員であれば、お子さんの誕生日は盛大に祝ってあげるでしょうね。

でも、お父さんは意外と権威が落ちている筈です。忘れ去られてたりして…  だからせめて私が贈ろう、と。企画したのは私です。しかし実際は妻がやっています。

いつも手帳に書いていて、近くなると何がいいかなぁ~って探して買って来ます。それを私に預けます。で、私から渡しています。本当の事言うと妻からなんです。見返りは絶対に求めてはいけない。

特に経営陣は社員にGIVEだけで、してあげたことは忘れることが大切です。ただ会社ってみんな仲間です。ライバルや競争ではないです。思いやりの気持ちをそれぞれが持つことです。

お互い誕生日だったら 「おめでとう!」 普通でしょ。言葉はプライスレスです。人の関係で、心を感じない社員も数人います。当たり前に与えられ続けてきたんだろうなぁ~って思います。

私は、もっとみんなが心がフワっとすることを言い続けたいと思うときがあります。ただこの子達の場合、厳しく教育すんのが愛情かな?とも思います。こいつらこのままでいいのか?って。

日曜日。波がなくなっていたので、朝からランニングです。そして昼過ぎから都会へ。日本橋高島屋へ行きました。黒木国昭さんの展覧会に行きました。

グラスアートです。技術的なことはまったく分かりません。でも分かることは‘美しい’と言うこと。素晴らしいもの、綺麗なものを見ると心になにか新たなものが入ってくる気がします。

とても良かったです。こんな有意義な週末を過ごしました。。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »