« 予選敗退 | トップページ | 教訓なんですが… »

2010年10月18日 (月曜日)

気配り

当社の宴会とかにご参加下さるとご理解いただけると思いますが、当社の社員は若手を中心にすごく動きます。気配りをします。手前味噌ですみませんが、きっと感心なされると思います。

でも当社の社員も始めは誰も出来ませんでした。まず自分だけです。社内教育しないと、み~んな自己中です。自分だけ。他人はどうでもいいのが、最近の社会の実態です。

でもしっかり伝えるとDNAが甦ります。『目配り、気配り、心配り』いつも言っています。魅力のない奴って、人に関心のない奴です。人に思いやりのない奴です。自分さえ良ければいい奴です。

社内の宴会なんかでは、うちは若い順によく動きます。上の奴らがそれを教えなければいけません。でも上の奴らはそれで踏ん反り返っていい訳ではありません。ここではやらなくていいだけです。

世の中どこに行っても「目配り気配り心配り」です。私も偉そうにしているのは、会社内だけです。偉そうにしている会社内でもいつも社員の様子を見ています。

自分が心から出来ないことは人にやらせてはいけない。だってそれはエゴになるから。リーダーは自分が分かっていて、部下に気配りをさせることが大切。

まったく忘れて踏ん反り返らない様に、リーダー会なんかで時々私とリーダーで飲んだりします。ちょっとやらしいけど、私への気配りや年上への気配りを強要させます。

会社の宴会が当たり前に若い奴らがやることで、リーダー達が勘違いしないように、外へ出ても踏ん反り返るな、と教えているつもりです。

世間では社長も役職も地位も名誉も関係ないです。人間としての偉さはみんな平等です。常に謙虚に頭を垂れる稲穂です。目配り気配り心配りです。

|

« 予選敗退 | トップページ | 教訓なんですが… »

コメント

深澤さんコンニチハ。ゴールドジムの山口です。昨日このブログを発見し(Yanagiさんのも発見しました)、楽しく拝見させていただいてます。
 ところで、この御題について、当院の患者さんの名言を御紹介いたします。
 茅ヶ崎にある和菓子屋さんの大将なのですが、曰く、職人の世界で大切なのは
“目配り・気配り・勘働き”
なのだそうです。これは、僕らの世界でも同様です。何処の世界でも大切な事は同じですね。

先ずはご挨拶代わりに軽めのジャブでした。

投稿: yamaguchiです | 2010年10月27日 (水曜日) 12時01分

わはは…
見つかっちゃいました

名言ありがとうございます。

今週は稽古に行けません

維持させるのが精一杯ですが、自分なりに精進します。

投稿: fukasawa | 2010年10月28日 (木曜日) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予選敗退 | トップページ | 教訓なんですが… »