« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月28日 (水曜日)

巡回

言い訳なのですが、いろいろあり現場巡回に、ここ1ヶ月ほど出ていませんでした。

現場巡回では気が付くことが沢山あります。心の中では、しっかりやっていてくれよ!って願っています。当たり前です。がんばっている社員に指摘するのは嫌なものです。

見るポイントなんて決まっています。基本的なことだけです。でも出来ていない時もあります。そんな時は朝一だろうが、心を鬼にしてしっかり指摘します。

反復です。反復しかありません。何度でも言います。でもそろそろリーダー達にバトンタッチしたい気持ちも大です。

あと、お客様の身になって少しでも考える事が大切です。飲食店様の殆どがゴキブリ防除施工の仕事でご契約を頂戴しています。でもそこにコバエが発生していたとする。

床には水捌けが悪く、発生原因が一目で分かる。わけないです。専用の粒剤を溶かし、散布機で発生源に散布して差し上げればいい。ものの10分です。

そうすれば、お客様は喜びます。困っていることをこちらから気がついてあげて、すこし手を差し伸べるだけです。それがサービスです。

範疇を超える事は、提案をすればいい。人の気持ちが分からなければ、‘感動’は生まれない。お客様を思いやる気持ちです。

当社は感動企業を目指しています。これも社員の発案だったかと…

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日曜日)

トレーニング

Photo

昨日、今日と久々に海浜公園で朝のトレーニングをしました。

負けてはいられない事が色々あります。心身が丈夫でなければ…

なかなか上手くいかないから楽しいです。すぐに成功したらつまらない。少しずつ改良してきっと実るはずです。ABちゃんにも楽しい試練です。

110924_192937

夜は会食でして、都内でこんなに美味しいものを頂きました。

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金曜日)

昨日の合同例会

画像を撮り忘れました。すみません。

昨日の神奈川同友会湘南支部・西湘支部合同例会は、株式会社バニーフーズhttp://www.1188-bunny.com/の高橋社長にご報告をお願いしました。

障害者就労支援事業を立ち上げています。もちろん障がい者だって、働いて社会の役に立ちたいと思っています。働く事が幸せなのです。

当社の経営理念の一つは「人にしあわせ」。高橋さんも経営理念に順じて事業を営んでいる、とおっしゃっていました。

紆余曲折もあったらしいです。当社の知的障がい者の雇用の方は、どうやら振り出しに戻った様です。そんなに簡単にはいかない。

でも元気を頂きました。とてもすばらしい報告が聞けました。ありがとうございます。私もまだまだこれからです。

| | コメント (0)

2011年9月16日 (金曜日)

残暑は続きますが…

日は短くなってきました。数日前134での帰り道、江ノ島がとても綺麗でした。

110914_181330

黄昏  (もちろん止まってる時に撮ってますよ)

こんなのを聴いてました。

Photo

このロケーションで「希望という名の光」 

涙腺が強いので出ませんが、涙が出そうになります  秋は近づいてる。。。

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水曜日)

修行が続いています。

営業所も障がい者雇用もです。営業所はまず所長候補(まだ所長代理です)の人間的成長を目指します。  

障がい者雇用の方は、実はやる気満々のAさんが夏休み初日に自転車で転倒して入院しました。怪我は大した事なかったのですが…  

その後の検査で、転倒原因ともなった病気が発覚しました。結構な奇病です。でも今彼はリハビリに励んでいます。そう、当社に復帰する一念で。   

もう一人のBさんですが、先週の月曜日会社に来る途中で行方不明になりました。私は朝から外出していたので、社員みんなで探したみたいです。仲間ですから本当に心配しました。  

大阪に行ってしまったらしいです?3日後になぜか今年の新卒のT谷さんにメールが入り、その後も紆余曲折があり、1週間後に親元から連絡がありました。  

私達は彼の自立を目的にしています。Bさんにはすでに心配してくれる仲間がいます。彼は気が小さいからすぐに心が揺れます。そんな時はみんなで話してがんばってました。

Bさんは親が亡くなったら一人で生きていかなければなりません。Bさんは弊社での仕事を覚え、週報も書けるようになって、色んなことを覚えてきました。これからも会社で色々教える予定があり、立派に自立に向えます。   

今週、Bさんと親御さんと施設の方と当方3名とで話し合いました。今日からまた来てくれることになりました。安心しましたし、とても嬉しいです。   

それにしても修行は続きますねぇ~。 でも私的には全然めげてません。と言うか楽しいです。どっちもこれからですよ。

| | コメント (0)

2011年9月12日 (月曜日)

暴君って

当社の社員にも自分の一生の夢が、家族を大切に幸せに暮らしたい、と言う社員が数名います。それはとても良いことです。   

色々うまく話せなかった、と言いましたが、いけないのはそこに‘唯一’が付くことです。唯一自分の家族を大切に… これは×  

私だって家族が一番大切です。でも社員も大切です。友達や仲間も大切です。  

世界の暴君を考えてみれば分かります。みんな‘唯一’です。党派、主義、宗教、民族などに唯一が入ると、他を破滅させる暴君になります。  

社員に競争はダメなんだ、って話しました。それは業界でも自分の会社さえよくなればいいんだ、は暴君と変わりありません。

自分の会社は良くなりたい。でも業界も良くしたい、他社と共存共栄を図る、が正解です。  そんな事が言いたかったのです。

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土曜日)

軽い失敗

昨日の会議ではあまり伝わりませんでした。社員の顔を見ていると分かります。面倒くさいオーラも感じました。自分でもあまり上手く伝わってない感を持ちました。

会社での生活は人生のほとんどを占めます。給料を貰う場だけでは人生つまらないものになります。ですから、自分の夢と仕事とのリンクが必要です。

夢は?

全員に尋ねます。

がっかりです!!

これ夢なの?もしかしたら、言えないだけかも知れませんが…

どんな会社にしたいの?

全員に尋ねます。

やはり、社歴順くらいに良い意見が出てきます。あぁ~ほとんどがFCCを好きなんだぁ~、って。安心しました。

個人の夢はないかもしれないけれど、良い仲間に恵まれ、将来も仲良くやっていきたい。この会社で自主的にやりがいをもって業務運営がしたい。

で、意見はなんでも言って良いです。指摘はしません。10代の意見、20代の意見、大人の意見それぞれあります。でもそれ大人の発言なの?

意見は自由って言ったじゃないですか?って。愚痴になってるな?なんでも言っていいとは言っても、それ当社じゃなくても、世間全般に受け入れられないよ、って。

右か左か判断しかねている新入社員は影響を受ける。子供をダメにするのは大人ですから。しっかり大人の感覚で若い社員にものを言う。馬鹿げたことなら言わない。

当社も社歴が長い社員が増えてきました。みんな中途入社です。そいつらも結構同じ中途採用者の退職を見てきています。

ABちゃんの言葉です。FCCの良さが確立されているので、良い意味で合わない社員は今までも今後も淘汰されます。

みんな始めは腰掛でした。だって今までの会社をコロコロ辞めている社員ばかりです。でも腰掛でなくなった時に真剣にFCCの事を考えるようになっています。

だから先輩社員は休日出社だって平気です。嫌な顔をしません。立派です。休日は会社で業務すんなよ!って私が言ってるくらいでも、出てきて仕事しています。

仕事が人生の一部で、腰掛意識から脱却した時に、初めて当社の社員になります。中小企業に入社とはそういうものです。

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木曜日)

エゴ

それも自分のね。

愛の反対が、傲慢とかエゴですよね?誰でも自分が中心です。人は見えても自分は見えないものです。

そこで自分のエゴを見つける方法ですが(当然本から仕入れています)…

◎誰かに対して軽蔑を感じるとき、また相手に対して「精神的にあまり進歩してないなぁ~」とさげすむ気持ちを抱くたびに、見つけることが出来ます。

教育は難しいです。少しリードしている人間が伝えて、相手に自ら分かってもらう。でもそこに相手や社員を尊重する気持ちを常に持たなければならない。

私なんかこんな偉そうなこと書いてても、あまりにイライラすると「お前本物のバカか!」とか言ってしまってます。

エゴの塊ですかね?修行ですね。でも言い訳すれば、違う良さは知っています。尊重もしているつもりですが…

でも…

修行ですね

| | コメント (0)

2011年9月 2日 (金曜日)

教育と教育者

最近読んでいる本で学んだ事です。少しリードしている人間が教えると相手に伝わる、と。例えば、当社の社員に聖者が指導したりすると、きっと意味がほとんど伝わらないです。

賢者から学んだ内容や、聖者と呼ばれる人間から学んだ内容を、少しリードしている人間が、自分の言葉で噛み砕いて伝えたほうがスッポリ入ると言うことです。

何が言いたいかと言うと、私自身への慰めです

弊社の社員は、最近本を読む習慣が身に付きました。しかも私が読んでみて、間違いない本を置いています。みんなそれを読んでいます。みんな成長してきました。

でも、中には社員にこれ読まれたくないなぁ~、と言う本もあります。なぜならば、すごくいい本だと思っても、その内容を私自身がぜんぜん出来ていないからです。

社員はそれ読んで、「素晴らしい!」と言う。仮に私と比較したとします。私はぜんぜんダメです。当然バレますよね

しかしです、あまり素晴らしい領域に入りすぎると、火傷するみたいです。だからチョッとリードしている、まぁ~私みたいなダメなヤツが、格闘しながら伝えてあげる方が、共に成長するって話しです。

簡単に言うと、要するに言い訳です(笑)。

もっと言い訳すれば、みんな少しずつ良くなればいいんだ。尊敬できる人間なんて本当はいないんだ。みんな修行なんだ。一歩リードか二歩リードが関の山です。

だからもっと素晴らしい人間の本を読んで自分なりに学ぶ。学んだ事を社員に教える。そんで皆で人間として成長する。

すばらしいパチパチ…

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »