« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日曜日)

社員のレポート

休日に会社に出ることは私にとって大切で、一人じゃなければ考えられないことなんかがあります。

それ以外には社員の提出物やレポートなんかを徹底的に読みます。今どこにいるかを判断します。

成長している社員もいれば、学んでいない社員もいます。10年後、20年後、絶対に差が出ます。技術なんか本当はどうでもよくて…

良くないんですよ でも普通にやってりゃ付くじゃん、て。施工技術、営業力… それよりも人間力。もちろん私も偉そうには言えませんが

本なんかも社員は自主的に読んで、私にレポートを提出します。それも確認します。で、すべて吸収すりゃいいのになぁ、って思います。

自分の現状に当てはめて、そうだよなぁ~だから理解してもらえないんだ、とか。自分は、と言いつつ本当は周りにそうあって欲しい不満だったり。

だから何読んでも何回読んでも、心に入らないんだって。感謝は大切、でも素直はもっと大切。

折角目の前に与えられた書籍ならば、それも縁で素直にありのまま吸収すりゃいいのに、って。

ボクはこう思う、なんてやってるからいつも同じ間違いをして、こっぴどくやられんだって。今までろくでもないことしてたヤツばっかです。

私だってそうでした。そんな奴が自分の感想なんていいんだよ!だからろくでもないままなんだ。

ろくでもない自分を捨てて、すべてありのまま吸収する。できないなら啓発本読むのやめな、って。

会社にはとても素晴らしい小説だってある。それを読んで涙した方が為になる。頭でっかちになって、心を変えないから人を本気で怒らせたりするんだ。

すみません。うちのバカ者たちのことを考えて少し興奮しました

ちなみに私が最近読んだ書籍です。まだ読んでなかった司馬遼です。黒田官兵衛。この人、運とタイミングが合えば天下を取れてたなぁ~

Dsc_0608

策士ではないですね。やはり人間性。

| | コメント (0)

2013年6月23日 (日曜日)

今週末は…

まずは台風の余波で朝5時からサーフィンです。期待外れでしたが、2時間やりました。で、9時からはおバカたちとFCC格闘技です。

Photo

昨日の練習は1時間だったので、内容を濃くしました。スクワット前蹴りです。まず30回、ここで止めます。で、一人ずつ小ネタを挟みます。

ウケないと10回続けます 結局みんな面白くないので、100回くらいやりました。墓穴掘った感じです。今日は珍しく私も足がいたい

Photo_2

11時からはFCCビーチクリーンです。かなり海岸が汚れていました。収穫は…Photo_3

こんなです!

Photo_4

一番拾った人が左、拾わなかった人が右です。右の人には納涼会で「すべらない」すべる話しが待っています

Photo_5

で、ワンさんの店の2階で納涼会です 終わると解散です。の、筈です。事実私は家に帰りました。お昼寝です。疲れてますし…

呼ばれます。まだみんな帰らない、と。鵠沼海岸に居る、と。

Photo_6

3時から2次会が始まります。テンション高いです。「も~終わろう!」って私。

「おでん食べたい」って。「止めよう!」「絶対食べる!」押し問答が続きます。結局おでんセンターです。べろべろです。

明日は10時に社長ん家に集合!!やつら勝手に決めてます サーフィンを私が教えるテーになってます。オレ予定あるし、って。

来なかったらブッ飛ばそうと思ってました。でも心のどこかで忘れてるといいなぁ~、って。来ない淡い期待とは反対に時間ピッタリ来やがった。

Photo_7

サーフィンスクールですよ。タクゾーもゴーくんも立てましたよ。トランクスを奪われ、板を強奪されました。散々です。(うそ。本当はあげました。)

今週末はずっーと社員と一緒でした。。。

やっと開放された~

| | コメント (2)

2013年6月15日 (土曜日)

またまた会社の話し

今週も忙しくて(言い訳ですが)アップが大変遅くなりすみません。前回あんな後ろ向きのブログを書きました。すみません。今回もかも…笑

ただし弊社の社員達は愛すべき特性や長所を持っている連中です。だから弊社に来て頂けると分かります。とても良い会社に見えます。

先週ある引退された経営者と会合前にお話ししました。その方は任せられる社員を作り、全てを託して引退されたらしいのです。

良い会社を作ることを使命として一生懸命社長業をされていました。それでそれが叶い、万事整い事業継承されたらしいのです。

で、引退してみると長年居た場所がなくなり寂しいらしく、今また会社に週2度程出ているらしいです。勿論、当てにされての部分もあるでしょう。

早々と良い会社を作るのも考えもんだと(笑)おっしゃられていました。 うちなんか幹部社員やリーダーシップを発揮できる社員が皆無なので、ずっーと私が社長やっているようです。

でも、そのお話しを聞いてとても楽になれました。私は仕事が好きなので一生仕事をします。80歳?いや90歳?100かもしれない いや、まじで。

そう考えると、これからドンドン高卒とかの新入社員を入れて育ててもぜんぜん間に合います。勝負は自身の健康です。

今のスタッフも発奮して欲しい。しかし、若手社員に聞いてみて判断しても、今リーダーは皆無ですね。そうなったのも私が一番いけないんですが…

今までの教育はなんだったのかなぁ?でも総体的には育ってるから今はそれで良しとします。まぁ~いい。当分はワントップで結構。これで行きます。

先回も書きましたが、今適切な事はすべて私しか指摘できません。だから私がいないと1ヶ月で潰れます。自主性教育の問題か、リーダー資質の有無なのか?

よ~く吟味し直し、今後修正を図ります。正直で嘘のない誠実な奴がこの会社の幹部に育って欲しい。。。

| | コメント (0)

2013年6月 6日 (木曜日)

きわどい

もちろんFCCもるるも社員たちがいなければ運営できません。気のいい社員たちでしあわせにしたいと心から思っています。

でも…敢えて社員たちに聞かせる意味で後ろ向きな記事を書きますがこの会社、社長がいなかったら1ヵ月持ちません!ほんとです。

仕組み作っても約束を忘れます。それで大概際どいところで私が気が付きます。気が付かないとお客様をなくします。

求心力があって行動指針に従って指導できる人間がいないです。社員は気が付いてませんが、だから今、私が施工も営業も営業所も立て直しています。

私が入っていかないと知らず知らず滅茶苦茶になってます。放っておくと基本的なルール一つ守らせることが出来ません。目を気にするだけです。私の。なぜそのルールが必要なのか?

挨拶ひとつ、時間管理ひとつ、人への関心ひとつ、ひとつひとつが幸せに生きるためには大切で、叱らないまでも気が付かせ教えなければ… それがリーダーの役割です。

社員は育てます。自らできるように。でもリーダー資質がなければ、それは向いてないので新しい血が必要です。

しかし心がない血は必要ないし、難しい。楽しくやってますが、中小企業です。人に関することではいつもいろいろ考えることがあります。

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »