« 決して忘れられない日になりました① | トップページ | とても不思議な話し »

2018年1月31日 (水曜日)

決して忘れられない日になりました②

記念式典と同じ2018年1月28日、息子が逝きましたweep 愛犬リーフ16歳半です。

土曜日から食事を摂らなくなりました。薬と気圧のせいだと思っていました。日曜日記念式典の朝、お水だけ私が飲ませて、横にして家を出ました。

月曜日は病院の予定で、点滴すれば回復するだろうと考えていました。式典が終わり、妻が様子を見に帰ります。そして泣き叫び私に電話を…

打ち上げを中止し、私も帰りました。まだ温かいので、きっと式典終了に合わせて逝ったみたいです。

何が可哀想かって言うと、1人ぼっちで逝かせてしまったことcrying すまない、すまない…

でもきっと彼の配慮です。未明の2:30にウンチとおしっこを漏らしました。本当はここで逝ってたのかも?我慢したんでしょうね。

仮に前日やここで逝ってたら私も妻も式典で笑えなかったです。がんばったんだろうな~weep それに一人で逝ったのではない。間違いなく「るる」がももじ他を連れて迎えに来たはずです。

しかも次の日は振替でお休みです。こんなタイミングって奇跡です。午後の3時に火葬が予約取れました。

Photo_3

藤沢を出たときはどんよりした曇り空。でも戸塚の霊園に着いた頃には雲一つない快晴sunに。不思議です。きっとリーフは後悔なく虹の橋に行けたのです。

16歳半も大きな病気もしないで長生き出来て感謝ですし、悲しんではいけないのですが、それにしても寂しいweep 心にポッカリと穴が開いたみたいです。

るるの時ももちろん悲しかったですが、闘病でやり切った感がありました。でも本当は何よりリーフが居たから癒されたんだと思います。

トイレや寝床、ゲージの片づけ、残ったフードやおやつの処分…胸が苦しかったです。

買い物に行くと妻はリーフの食事の食材を無意識に考えると言います。もう居ないのにブラインドをリーフに合わせている自分がいます。

常に前向きポジティブな私ですが、まだ時間が解決していません。リーフが逝ったらずっ~と出来なかった旅行をしようと考えていましたが、今は旅行なんて考えられないです。

ウンチもらしてもいいし、寝たきりでもいい、迷惑かけてもいいのでまだまだ居てもらいたかった。

Photo_4

でもあと少しで切り替えます。リーフありがとう。

Photo_5

こんなに沢山のお花を頂きました。愛されていたリーフheart04

私はやりたいことや目標が沢山あるので、100歳まで元気に生きます。45年後にまたあちらで一緒に暮らします。

るるの様に時々別の形で会いに来て欲しい!

Photo_6

ひとまず、goodbye Reefshine

|
|

« 決して忘れられない日になりました① | トップページ | とても不思議な話し »