« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月27日 (木曜日)

関わらないことと関わること

事業計画や流れの中で結構広範囲に展開が広がってしまっています。

私の本来の性格としは1つのことにドップリ関わりたい。もしかしたら父親と同じ職人気質なのかと思われます。

本来なら障害者の就労支援や生活支援も現場で彼らと向かい合いたいです。これが本当の気持ち。

カフェだって自分で運営してみたいです。営業もまたやりたい。お客様に商品やシステムの良さを説明している時が一番楽しい。

また現場もやりたいよ!黙々と。結果に直接感謝される仕事は本当に楽しい!

ワンちゃん達とも戯れたい。無添加のフード販売の現場にも行きたい。

本当は自分で色々やりたいのが本音です。でも関われないし、現場は関わってはいけない。運営は任せなければいけない。リーダー達にお任せします。

しかし創業の気持ちだけはしっかり伝えていかなければいけない。

今、コロナ禍で当社の得意なウェットな関係づくりが希薄になってます。事業展開に比例して新しい社員が沢山入社してくれているので、関係を作っていかないと社風までも変化してしまいます。

今の私には経営理念に裏づけされた社員が働いて楽しい会社を作って行くだけです。

面談のやり方を変えますし、コミュニケーション方法も考えます。コロナが落ち着いたら出来る限りイベントも色々実行していきたいです。

 

 

|

2021年5月19日 (水曜日)

リーダー会

全体会議は時節柄中止しましたが、リーダー会だけは実行しました。会社だと密になるので公民館の広い部屋をお借りしました。

Img_1805

DVDを診ました。前回のブログの続きの様な内容です。幸せの会社の運営方法実践編になります。

とても参考になりました。幾つか取り入れます(^_-)-☆

やはりコミュニケーションですね♪ コロナが明けたら8人会食を実行します。

一人ひとりの話しを聴くし、私も一生懸命会社の方向性や理念を語ります。。

 

|

2021年5月 5日 (水曜日)

幸せのメカニズム

総会でご講演して下さった前野教授の著書を拝読しました。素晴らしい本でした。

C179b9b9a7b24bf38e7360e66f497c88

幸せの4つの因子があります。それは…

「やってみよう」「ありがとう」「なんとかなる」「あなたらしく」

これらは科学的にデータを解析して因子に分類したものです。

この本の中で私が特に良かったと感じたことを紹介します。

やってみようって言うのは、画一的な地位財を得ることを目指すのではなく、小さくてもいいから自分らしさを見つけ70億分の1の個性を活かすこと。

オタクでもなんでもいい。多様だからこそ、いい。画一的な基準だと勝者と敗者に分かれるわけです。70億通りの自己実現があったら、70億人みんながオンリーワンのエキスパートです。

街づくりも、製品も、サービスも、教育も、文化も、みんな決して画一的でない多様な自己実現と成長、繋がりと感謝、前向きと楽観、独立とマイペースを育みいろんなものがでこぼこしているのが幸せになれる。

それから人は鑑賞よりも創造することが幸せらしいです。簡単な例だと女性の化粧も幸せに相関があるらしいです。しかし、本来の自分を変えてしまう美容整形には逆に負の相関があったとのこと。それは「ありのままの自分を受け入れる」と言う観点の差らしいです。

それからこの本で一番私が気にいった文章は…

『地位財ではなく、非地位財を見よ。これからは、一人ひとりの幸せ因子をいかに満たすか、の時代である。多様な自己実現とつながりの時代である。金持ちになり有名になりみんなから尊敬されてピラミッドの頂点に立つことを目指すような時代ではなく、それぞれが、それぞれのさまざまなピラミッドの頂点に立ち、そこから満足を得るような、多様化の時代である。』

こちらの本に感謝致します😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »