« 2021年9月 | トップページ

2021年10月15日 (金曜日)

life is beautiful

ケツメイシになります。今年発売されたケツノパラダイスにも収録されています。

身内が病気の時、愛犬の死の時、会社運営に行き詰まった時、何故かこの曲がかかりました。ランダム設定の車のSDやラジオから…

元気が貰えます。

人生って誰しも波乱万丈です。

この人生はあの世に居る時に自分である程度のストーリーを作って生まれてくる、なんて言う説もあります。

先日読んだ「生きがいの創造」によると子供も親を選んで生まれてくるらしい。

だから自分に降りかかる問題は自分の魂の成長の為に乗り越えられないことはない、と。

仮にそれが本当でもその記憶は全て消されている訳です。だから実際は当然辛いです。

だから辛い時はこの曲を聴きます。後先を考えないで今この時を楽しく幸せに生きる。

もしも神様がいるとしたら絶対見捨てられることはないと信じて。

 

|

2021年10月10日 (日曜日)

地元湘南でも


来年3月1日の開所予定で茅ヶ崎に自立型障害者グループホームを造ります。先日は地鎮祭でした。

89c6a13072f340cc8ac120ac73486d97

4日月曜日大安になります。

グループホーム事業はこれで7施設目になります。A型事業と違って生産活動を伴わないので、この事業は全て非営利の一般社団法人で運営しようかと考えています。

しかし、となるとお金が心配です。今後の事業展開でどの様に工面するのか?

一概には言えませんが、福祉行政は株式会社に対しての多少の偏見を感じます。株式会社の経営者の場合は、配置には含まれていないケースでもその法人内での人、もの、金を総括的にプロデュースしてる訳です。

実地指導などで役員報酬が社員の前でも大っぴらにされます。普通は社員との立場の相違から本来の一般的な会社では繊細に扱われるものです。

事業を始めるとお金が掛かります。事業所を開設するのにも何百万も掛かります。飲食店舗になると桁が変わります。

その費用は全て金融機関から融資を受けなければならない訳です。ほとんどのケースが代表取締役の連帯保証です。果たして社員と同じ給料で金融機関がお金を貸すのか??

福祉であろうとも会社と経営者は不離一体です。その経営者が福祉関連の会合で実践体験報告をしても福祉行政的には評価は無しです。

確かに一部の福祉に携わる株式会社の悪しき問題があります。ただし大方は志を持って運営しています。ましてや中小企業家同友会のメンバーならば尚更です!

 

|

2021年10月 1日 (金曜日)

障害者就労継続支援多機能事業所

10月1日本日開所しました。

B型⇒A型⇒社会保険加入A型⇒FCC並びにるるカンパニーへの一般就労

このステップアッププランを築きました。そのベースになるB型事業所になります。B型事業所の工賃向上の一翼を担います。そんな覚悟です。

Img_0035

事務所開き時の画像です。当社の執行部の面々になります(笑) 何故(笑)なんだぁ?? いろいろです(笑)

真面目な話もうすぐこの仕事に足を踏み入れて10年になりますが、つくづく奥の深い事業だと感じます。。まだまだ勝負です。

 

 

|

« 2021年9月 | トップページ