2018年8月10日 (金曜日)

多様性を生かすことの意味

とても学べました。

Img_20180808_081722

栗原類くんの本なんですが、彼は発達障害であることをカミングアウトしています。一言で発達障害と言っても本当に多様です。

括れません。弊社にも複数名在籍していますが、みんなそれぞれです。この本は障害特性だけではなく、私的には会社の運営上の学びにもなりました。

絶対に変えられないものをどうするのか?究極の長所進展。そして長い目で見て変化する、成長することもある。短所だからと言って諦めてはいけないこともある。

勉強になりましたhappy01

|

2017年9月13日 (水曜日)

最近の本と音楽

私は未だにCDなんです。音楽配信ではありません。

2_2

最近で面白いのは和楽器バンド。なんだか新しい音楽性ですhappy01

本も良書に沢山出会っています。その中でも最近一番良かったのがこちら…

1_2

「伝えることから始めよう」ジャパネットたかた創業者の高田さんの本です。

ただ物を売るのではない、その先のお客様の幸せを売っていることが良くわかる一冊です。

出来る理由しか考えない。私も社員に伝えていることです。でもなかなか…coldsweats02

だから社員にも読んでもらおうhappy01

これは強制か?教育ではなく、共育でもなく、強育か?

肩書きだけ神奈川同友会社員教育委員長、細かいことは考えないことにしました。。。(笑)

|

2017年5月 1日 (月曜日)

尊敬すべき人物

日本を近代国家に発展させた人物『渋沢栄一』

S_img_20170425_171508

渋沢栄一が関与した有名企業は数限りないです。でも三菱や三井の様な財閥にはなりませんでした。それは志があったからです。

日本を近代国家に育てる為。官尊民卑を解消して日本の発展に努める為。

人間野心は必要ですが、信念や目的の為に男子の一生はあるべきだと感じました。古いですかねぇ~coldsweats01

こんなに素晴らしい生き方はできませんが、せめて爪の皮くらいの信念は貫きたいと思います。

|

2016年10月29日 (土曜日)

とても良く理解できました。

この本は障がい者福祉に携わる方はみんな読んだ方がいいです!

Photo_2

自閉症の僕が「ありがとう」を言えるまで。

目から鱗です。多くの支援員が誤解していると思います。自閉症がとても良く理解できました。人として一人の人間の人権を敬うことも理解できます。

また障がい者の理解だけでなく、彼から人生の本質も学べます。とても良い本に出会えました。感謝ですshine

|

2016年6月28日 (火曜日)

現代の日本男児に読ませる本!!

この本は現代の若者(男子限定)には絶対必要な本です。安藤昇「男の品位」 ちなみに私は120%理解できます。

Dsc_2420_convert_20160628190920

安藤昇と言えば、特攻隊復員⇒渋谷のヤクザの大親分⇒解散後映画俳優⇒映画監督⇒プロデューサー⇒作家と言う波乱万丈の生涯を昨年末に閉じた方です。

この本は1月1日に発行されていますので、遺作になりますね。彼の言いたかったことの集大成だと思って読みました。素晴らしい本です。会社の若手全員に読んでもらう予定です。

追加で購入します。ちなみに美輪明宏さんの「乙女の教室」と言う本は、入社後の必読書にしています。こちらは「乙女」でなくても人として必要なことなので、男子にも読んでもらいます。

でも今回の「男の品位」は男性社員限定です。訳は色々な諸問題が発生する恐れがあるからですsign01(笑)coldsweats01 女子はこれ以上詮索しないで下さい。。

|

2016年5月26日 (木曜日)

韓非子

2200年前の中国の法家ですね。

「非情のススメ」 この本とても勉強になります。

例えば…

リーダーの思想で、「5つの目隠しで実権を失う」と言うものがあります。

①情報を遮断される ②経済力を奪われる ③他の人が命令を発する ④他の人が規則を決める ⑤知らぬうちに仲間が形成される

この事態が進んでいると、いつの間にかリーダーの実権は失われ、気が付いた時はもう手遅れになるらしいです。

またこんなことも。「叱り役を人に押し付けるな」

宗の君主は嫌われ役の命令は出したくなかったため、臣下に任せました。すると、やがて人々はその臣下に従う様になり、君主は実権を失ったらしいです。

Dsc_2405_convert_20160526191531

指揮するための厳格なルールや、直すことのできない人間の業などとても学べた一冊でした。

|

2016年1月17日 (日曜日)

今年一発目の本

幸先よくとても良い本に巡り合いました。これです。「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」

Dsc_2181_convert_20160117134919

病気に罹っている方は勿論、そうでない方も感謝が分かる本です。

自分を愛せます。体のすべてに、ありのままに感謝できます。生まれた奇跡に感謝できます。まだまだ未知の可能性にわくわくします。素晴らしい本です。

|

2015年11月 2日 (月曜日)

◯◯

先日のみやざき中央新聞の記事です。

「仏教を深く学ぶと、◯◯を持てるようになる」

さて◯◯は何でしょうか?

意外ですよ。

正解は『疑い』だそうです。

人は誰しも自分が正しいと思って生きています。人と意見がぶつかったりすると、相手が間違っている、と。

この“疑い”とは、人と意見が異なったときに、「私が間違っているかも?」と自分を『疑う』ことなんです。

深いですね。

とても感銘を受ける考えの人でも、あまり自分の主張が強くて、他の考えを一切認めない発言は、極論で人に影響を与えて少し危険と私は感じてしまう。

そういう方の話しは、本音ではあまり聞きたくない。でも他人を批判する前に自分ですねcoldsweats01 私も自分を疑います。

それから「自分から◯◯を引いて●●を足すと、幸せになれる」と言う方程式があります。

な~んだ?happy01

それは自分から『怒り』を引いて『感謝』を足すと幸せなる!です。。。納得ですねsun

| | コメント (0)

2015年4月23日 (木曜日)

最近の本の話し

昨日、今日は良い天気で気持ちも爽快ですねsun でも暫らく気圧が安定しなくて、雨や曇りの日が続きました。

そんな時に読んでいた本が、太宰治の人間失格。心が滅入りましたcoldsweats02 ちなみにお笑いの又吉が好きな作家と本らしく、実に何十年振りに読みました。

なので、次に気を取り直して読んでいた本がこれです。

Dsc_1730_convert_20150423184940

「村上海賊の娘」 これ痛快punchです。一気に読めます。下巻は。

そう上巻はなかなか進まず、別の本と交互にひと月掛かりました。でも下巻に入ったら面白くて、電車でも食事中でも。一気ですよsmile

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水曜日)

今月は欽ちゃんの本を何冊か読んでました。

「運」にまつわる話しです。

Dsc_1688_convert_20150225180220_2

欽ちゃんの実体験から色々なことが書いてありますが、特に若い人にこの本からのメッセージです。

『向いてない所にこそ運がある』

分からないものですよ。今、目の前にあるものが天職だったり、目の前のものを愚痴を言わずに一生懸命やることで道が拓けたりするものです。

私は立派ではないですが、でもお蔭様で小さい会社を幸せに運営出来ています。それだってどうして今の業種をやってるのかが分かりません。

ましてサラリーマン時代の営業だって、どうして私がやっていたのかも分かりません。ほんとです。

それから少し話しを変えて、少し損する生き方の方が成功したりするものですね。なんでも独り占めしようとしても、最終的には天は見ているものだと思います。

会社でも社員が失敗して落ちこぼれた時、本当にその社員を落ちこぼれさせると、その会社自体が落ちこぼれる、と言う話しを聞いたことがあります。

今の自分に丁度良いものや人が与えられるのかも。活かせた時に次のステージがあるような…

だから他人が自分の利益で色々押し付けてきた時にでも、あ~私に分があるな~と思えます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧